人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東武鉄道のダイヤ改正で引退する「乗り納め」「撮り納め」車両はコレだ!

2017.04.20

東武鉄道は2017年4月21日にダイヤ改正が実施され、500系Revatyがデビューする。これに伴い、引退する車両、廃止される列車があるので御紹介しておきたい。

■大ベテラン300系引退


臨時の夜行列車にも充当された300系。

急行(現・特急)〈りょうもう〉で活躍した1800系の一部を改造し、6両車は300系、4両車は350系として、1991年7月21日に日光線の急行(現・特急)列車として営業運転を開始。前年デビューした特急スペーシアが強烈なインパクトを放っていたせいか、地味な存在だった。


300系、350系の座席(画像は300系)。特急料金は旧急行料金を踏襲。

座席はリクライニングしない回転式クロスシートで、背面と窓下にテーブルが装備されたほか、足のせもあり、靴を脱いでくつろぐこともできる。

当初、急行料金は浅草―春日部間といった近距離でも高めに設定されていたが、のちに料金値下げ、平日下りの夜に特急〈きりふり〉の短距離列車(浅草―春日部・南栗橋間)設定により、通勤客の乗車が増加した。蛇足ながら、“平日〈きりふり〉”の乗車率は約5割ながら、2人掛けの座席を1人で過ごせる確率が高いので、それなりのゆとりがある。しかしながら、短距離運用中心が影響したのか、後年は自販機が撤去された。


“私鉄最年長特急形電車”350系、3編成中2編成は1969年製。

300系としては26年、1800系時代を通算すると44年の歴史に幕を閉じるが、350系は引き続き、特急〈しもつけ〉、臨時特急〈きりふり〉で運行が続けられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。