人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.19

ヒゲのような顔の毛が特徴のミニチュア・シュナウザーの歴史

■連載/ペットゥモロー通信

ドイツ生まれの人気者!

11-15

ヒゲのような顔の毛が特徴のミニチュア・シュナウザーが、どのような歴史を歩んできたのか見てみましょう。

ミニチュア・シュナウザーが属するテリア・グループのほとんどの犬種がイギリス原産であるのに対し、ミニチュア・シュナウザーは唯一ドイツ原産の犬種です。

名前のとおりの「小さいシュナウザー」で、成犬になると20キロを超えるスタンダード・シュナウザーのなかでも小ぶりな個体に、プードルやドイツ生まれのアーフェンピンシャーを掛け合わせることで小型化し、ミニチュア・シュナウザーが誕生したと言われています。

19世紀末にはすでに独立した犬種としてドッグショーに出場していますが、比較的新しい犬種といえるでしょう。

当初、農場などのネズミを捕まえるために掛け合わされたミニチュア・シュナウザー。今も残る特徴的な目の上や口の周りの長い毛は、ネズミから顔を守るためのものだといわれています。

ミニチュア・シュナウザーは、原産国のドイツよりも飼育頭数が多いといわれるアメリカから、昭和30年代に日本に輸入されました。テリア・グループの中でも特に高い人気を誇り、今では日本でも愛好家が多い犬種になっています。

文/大原絵理香

構成/ペットゥモロー編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。