人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.19

ビジネスパーソンが1日のうち、文章を書いている時間は?

大谷大学は作家やコピーライター、編集者など“書く仕事”を目指す学生のための「文藝塾」を開設し、主体的に自己表現ができる高度な文章作成能力を身につける機会と場所を提供している。
そんな同塾では、ビジネスパーソンが“読む力・書く力”をどの程度身につけているのか、どの程度必要なものと考えているのか探るべく、「ビジネスパーソンの“読む力・書く力”に関する調査」をインターネットリサーチにより実施した。

 

そもそもビジネスパーソンはどの程度、“書く仕事”に携わっているのか。業務上、作成に携わる文章(自分で作成する文章、または、チェックやレビューをする文章)について聞いたところ、「ビジネスメール (組織内・外とのメール)」が68.7%で最も高くなり、次いで、「業務依頼・指導関連 (引継書やマニュアルなど)」(34.8%)や「会議関連 (会議用報告資料や議事録など)」(32.8%)が3割台、「プレゼン関連 (企画書や提案書など)」(26.3%)、「組織内配布・掲示物 (社内報に載せる自己紹介文やイベント案内など)」(25.3%)、「契約関連 (注文書・契約書や仕様書など)」(21.7%)が2割台で続く。一方、「販売・納品物 (販売する書籍・記事・納品レポートなど)」は11.2%となっている。作成した文章を販売したり納品したりするなど、“文章を作成すること”自体を仕事にしているビジネスパーソンは1割強ですが、そのような仕事に従事しなくとも、ビジネスシーンでは様々な“書く仕事”に携わることがあるようだ。

ビジネスパーソンの“読む力・書く力”に関する調査

次に、業務上、作成に携わることのある文章について、文章作成に習熟しているものを聞いたところ、作成に習熟している割合(以下、習熟率)が最も高かったのは「ビジネスメール」で56.9%となった。多くのビジネスパーソンが作成することのあるビジネスメールだが、習熟率は5割半に留まっていることから、半数近くが“上手に作成できていない”と感じているようだ。そのほか、習熟率が比較的低くなった文章に注目すると、「交渉関連 (依頼書や承諾書など)」は39.9%、「契約関連」は39.6%、「社交・儀礼関連 (お礼状や年賀状など)」は34.8%に。誰が読んでも誤解のない、正しい文章を書くことや、社交的な文章を書くことを苦手としているビジネスパーソンが多いのかもしれない。

ビジネスパーソンの“読む力・書く力”に関する調査

続いて、全回答者(1000名)に、1日あたりの文章を書いている時間を聞いたところ、「0分」は18.8%、「30分未満(1~29分)」は25.2%、「1時間未満(30~59分)」は18.9%、「1時間台」は20.4%、「2時間台」は8.2%、「3時間以上」は8.5%で、平均時間は53.0分となった。出身大学の系統別に平均時間をみると、文系は51.8分、理系は53.9分、その他系統は58.0分。つまり、どの系統の大学出身であっても、ビジネスパーソンとして働くと、一定の時間 “書く仕事”に携わることになるようだ。また、役職別に平均時間をみると、役職のない人は51.6分、主任・リーダーは55.0分、管理職(課長以上)は81.9分(=1時間21.9分)に。役職につくようになると、“書く仕事”に携わる時間が増えていることがわかる。

ビジネスパーソンの“読む力・書く力”に関する調査

では、ビジネスパーソンは“読む力”や“書く力”をどの程度身につけているのか。全回答者(1000名)に、“読む力”(正しい情報を集め、広い視野で物事を理解する力)の自己評価を5点満点で聞いたところ、満点の「5点(非常に得意)」が11.5%、「4点」が28.9%で、読むことが得意な人(4点以上の合計)は40.4%となり、「3点(強くも弱くもない)」は44.3%、読むことが苦手な人(2点以下の合計)は15.3%となった。さらに、“書く力”(広い視野で物事を考え、意図が正しく伝わる表現をする力)についても同様に聞いたところ、満点の「5点」は8.0%、「4点」は20.3%で、書くことが得意な人は28.3%、「3点」は46.7%、書くことが苦手な人は25.0%に。およそ4人に1人が、正しく伝える文章を書くことに苦手意識を感じていることが明らかになった。

ビジネスパーソンの“読む力・書く力”に関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。