人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.19

先輩社員は必読!歓迎会で新人が嫌がることTOP3

もうすぐ、あなたの職場に新人が配属されるかもしれない。そうなると、それに合わせて歓迎会が開かれるのではないだろうか?このように、新人を歓迎するためのイベントがあちこちで開かれるシーズンが到来した。日本ホームパーティー協会が昨年、「2016年新人歓迎パーティー」に関するアンケート調査を実施したところ、新人歓迎パーティーで心得ておくべきことを示唆する結果となった。とくに幹事さんは必読の内容となっている。

Q1.新人歓迎パーティーの席ではどのような会話をすべきだと思いますか?(複数回答可)

約半数の49.1%が、「趣味などプライベートの紹介」と回答。その理由としては、仕事以外での共通点や話題づくりに適しているからと考えられる。以下、「肩ひじ張らずに世間話」(47.4%)、「これから一緒に何をしたいか夢を語る」(36.8%)、「お互いの立場、役職紹介」(33.3%)と続き、「本音を語る」と回答した人は10.5%であった。

「2016年新人歓迎パーティー」に関するアンケート調査

Q2.新人歓迎パーティーで用意する(取り入れたい)ものはなんですか?(複数回答可)

Q2では約72%の人が、「名札」と回答。次いで28.1%で「ウェルカムボード」、17.5%で「パーティー用名刺」と続く。部署などが異なると、顔は知っていても名前がわからないケースなど、意外と名前を知らない人が多いもの。名札はどんなパーティーでもコミュニケーションを取るキッカケとなるアイテムだといえる。

「2016年新人歓迎パーティー」に関するアンケート調査

Q3.新人歓迎パーティーでやってみたい余興は何ですか?(複数回答可)

Q3では「自己紹介」が最多の37.5%。次いで「特にない」が23.2%となっており、自己紹介以外のことはやりたくないという風潮が見られる。ゲームなどより、自由な会話を楽しみたいというのが全体的な傾向で、参加者が、お互いのことを知ってもらうかをポイントにしていることがわかる。

「2016年新人歓迎パーティー」に関するアンケート調査

Q4.新人歓迎パーティーで面倒だと思うことはなんですか?(複数回答可)

第1位は54.4%で「芸をやらされる」、第2位は50.9%で「偉い人の挨拶」。半数以上の人がこれらを面倒だと感じている。続いては、「無理やり飲まされる」で42.1%。これは、パーティーを楽しむ上で飲酒は適度におさえるべきだという考えの表れ。参加者への強要や押し付けは控え、皆が楽しめるパーティーにすべきだろう。

「2016年新人歓迎パーティー」に関するアンケート調査

歓迎パーティーは、新人が職場で円滑な人間関係を築けるようになるカギを握っているといっていもいいだろう。温かく迎え、新人が「この会社に就職して良かった」と思えるようにすることが何よりも大切ではないだろうか。

【調査概要】
調査期間:2016年1月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式
調査対象:10~60歳代までの男女から得られた有効回答、570名

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。