人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.16

世界190か国、9380万人が観たい時に観たい番組を届けるNetflixの底力

■連載/折原一也のAudio&Visual最前線

 世界最大の映像配信サービスNetflixの米国本社で開催されたプレスツアー「Netflix Labs Day 2017」。そちらで世界各国のプレスに公開された、Netflixの映像配信を支える最新技術の数々を紹介しよう。

米国カリフォルニア州ロスガトスのNetflix本社を訪問
米国カリフォルニア州ロスガトスのNetflix本社を訪問

■Netflixの提供するユーザー体験とパーソナライゼーション

 Netflixが、なぜ世界的に人気のサービスになりえたのか、その答えの1つが優れたユーザー体験を提供していることだ。Netflixで11年に渡りサービス体験を監修する、プロダクト・イノベーション担当バイスプレジデントのトッド・イェリン氏は、コンテンツ発見の体験にこそNetflixの魅力があると語る。

Netflixでユーザー体験を監修するトッド・イェリン氏
Netflixでユーザー体験を監修するトッド・イェリン氏

 Netflixがコンテンツをレコメンドする“パーソナライゼーション”の基準となるのは、どの作品を視聴したのかとい履歴。その精度を上げるために、複数のパターンを提示してビックデータで解析するABテストという手法が用いられる。

「3年半前にプロファイル機能が追加され、13歳の娘と10歳の息子と、81歳の父親と自分とでは、趣向が異なることを判別できるようになりました。この機能の最適化のため、ランダムに抽出した数10万人規模のテストが繰り返されました。私たちは年間200回以上のテストを行います」とトッド・イェリン氏が語るように、ユーザー体験の向上のため、試行錯誤を繰り返し行っている。

 タイトルを選択するとトレーラーが流れる方式も、2010年にテストが行われた後、さらに、2011年に別バージョンのテストをし、2014年にも別のバージョンのテストを行い現在の形でリリースされているもの。

「私たちは、スマートフォン、PC、その他のあらゆるデバイスに関わらずユーザー体験を最適化するために、アルゴリズムとデザイン/UIを重視しています」と語る。

Netflixの現在のUI
Netflixの現在のUI

 Netflixが進めている最新の取り組みは、2016年末にテストが行われたレーティング機能の改善だ。現在は5つ星マークでレーティングが行われているが、近い時期に親指を立てる、好きか嫌いかのマークにリニューアルされる予定である。

 これにより簡単にコンテンツへのフィードバックが行われるようになり、Netflixは特定の地域に住む特定のコミュニティの趣向を理解しやすくなる。また、ユーザーに対してはNetflixが表示した作品とのマッチングを%表示で表示して、その上でどれくらい自分の好みに合うかどうかを確認できるようになるという。

今後採用されるNetflixのレーティングシステム
今後採用されるNetflixのレーティングシステム

作品ごとにパーソナライゼーションのマッチングを表示
作品ごとにパーソナライゼーションのマッチングを表示

 ユーザー体験を監修し、絶えずテストし、改善していく……Netflixが映像配信事業でトップに上り詰めたのは、そんなテクニカルを追求する真摯な姿勢にあるのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。