人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.20

どんなシェーバーを使ってる?イマドキの新入社員に聞く朝のシェービング事情

新年度も3週目に入ると、歓迎会や挨拶回りなどひと通りの〝行事〟も終わり、職場も落ち着きを取り戻してきた頃ではないだろうか。同時に真新しいスーツ姿の新入社員たちと遭遇する機会も多くなった。人事担当者に連れられ、研修のため社内を移動する姿に、往時の自分を重ねる人も多いのでは。

さてメンズビューティーを運営する小学館にも、そんな新入社員が入社。今回は彼らに5月1日発売という、こちらもデビュー直前の〝新人〟であるパナソニックのカミソリシェーバー『ラムダッシュ ES-ST8P』を体験してもらい、併せてイマドキの若者のシェービング事情を探ってみることにした。

まず、普段は何でヒゲを剃っているのかを聞いてみたところ、電気シェーバー派3名、安全カミソリ派2名、その他1名という結果になった。電気シェーバー派の意見は次のとおり。

「自分は肌が弱いので安全カミソリでは出血することも珍しくない。電気シェーバーは深剃りできないイメージがあるが、ある程度剃れたらOKという感覚で使っている」

「社会人になったことを契機に、新生活もスタートするということで電気シェーバーを購入しました」

「安全カミソリは使ったことがない。ヒゲを剃る年齢になった時に父親に電気シェーバーをプレゼントされて以来、電気シェーバー派に」

いずれも、それほど積極的な理由でなないようだ。「肌が弱い」と語ってくれた彼も、電気シェーバーには、あまりプラスなイメージを抱いていない様子。

一方、安全カミソリ派の意見としては、

「ヒゲを剃る年齢になった頃、父親に電気シェーバーを買ってもらったが、使いこなせず、安全カミソリ派になった」

「重たくて使いにくそうだから」

「なんとなくオジサンっぽい雰囲気だから」といった声が上がった。

具体的な機能や使用感の違いではなく、どちらかといえば先入観やイメージで選んでいるようだ。

では、そんな彼らに新型ラムダッシュは、どんな印象を与えるのか。さっそく、実際にシェービングしてもらうことにした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。