みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >勇気を出して会社の同僚、上司、部下…

勇気を出して会社の同僚、上司、部下に歩み寄れる?(2018.06.08)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「だって、上司の役目って机の上にコーヒーをこぼすことじゃろ?」

部下が協力してくれないという悩みを主人公が相談すると、“営繕係さん"はこうアドバイスする。会社の雑用係である“営繕係さん"が、長年の経験を元にサラリーマンたちの抱える悩みを次々と解決していく小説仕立ての長編ストーリー。上場企業で10年間のサラリーマン経験がある作者ならではの、少し笑えて、少し泣けて、そして多くのウロコが目から落ちる一冊を紹介したい。

▪️サラリーマンにこの本が拡がれば、日本はきっと良くなる

営繕さんの幸せドリル あなたのそばにもいる会社の“神さま”
さとつみつろう
営繕さんの幸せドリル あなたのそばにもいる会社の“神さま”
定価:本体1,389円+税
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388540

 

あなたはきっと読後に、「こんな解決法、きいたことがない!」とスッキリした顔で言うはず。会社を辞めるか辞めないかを悩む前に、少し一呼吸おいて読んで欲しい本である。

本書の中には、会社を「居心地の良い場所」に変えるたった1つのコツが書いてある。それは、本音を職場の人にぶつける事。あなたは、自分から「先に」同僚や上司や部下へ歩み寄る勇気がありますか?もしこの本を読んで、胸が熱くなったのなら、ぜひあなたの職場の人にも「この本を読んでみて」と歩み寄ってみて下さい。

さとつみつろう

<プロフィール>

さとつみつろう。札幌の大学を卒業後10年間エネルギー系の東証一部上場企業で勤める。「社会を変えるためには一人一人の意識の変化が必要」だと痛感し、2011年にブログを開始。斬新な視点が話題となり、またたく間に各種ランキングで1位となる。著書に『神さまとのおしゃべり』『毎日が幸せだったら、毎日は幸せと言えるだろうか?』『金持ち指令』など多数。全国各地でトークショー&ピアノライブなどを開催する。現在は那覇市に住む2児のパパである。

文/編集部

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。