人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

主婦が掃除機をリアルな生活目線で選ぶとしたら…

2017.04.13

そんなわけで、現在、我が家で激しい検討のまな板の上に乗っているのは、掃除機だ。

掃除機!

超ワクワクするではないか! 家電の中でも男子ゴコロくすぐり度合いでは最上位を占める、掃除機。メカニカルで、しかも車輪がついており、走行し(ガラガラ引っ張るだけだけど)、音を立て、アクティブさに関しては随一といえる家電、掃除機。

現在使用しているのは、Panasonic製MC-M9Aである。……? 家電の多くは製品名=型番なので、これだけじゃ何のこっちゃサッパリ分からない。掃除機本体には「2010年製」と書かれているので6年前の製品だ。

家電買い換え大作戦〜最新の掃除機を主婦がリアル生活目線で選んだら?〜

ネットで調べてみると、PanasonicのHPには生産終了品として掲載されており、「コンパクト&ハイパワーを実現したツインサイクロン式」とある。スペックは、吸引仕事率540W、消費電力1000〜約150W、本体質量3.6kg、本体・ホース・延長管・床用ノズル込みの標準質量4.8kgだそうだ。

何となく思い出してきたが、このPanasonic製の前に使っていた日立製が不調になり急きょ必要になり、そんなにマジメに調査せず暫定的に購入した記憶がある。ヨドバシ.comによると、販売終了時の価格は1万4800円とのこと。や、安い……。いかにも思い入れのない買い物だったんだな……。

その割に、6年間文句ひとつ言わず頑張ってくれたMC-M9A(オレはたぶん10回ぐらいしか使ってないけど)。よおおぉし、今度は調べに調べてすんげぇの買うぞ!

……どんなの? どんな掃除機がいいの……?

冷静に考えれば、キレイ好き掃除好きでほとんど毎日掃除機を稼働させているメインユーザーはカミさんであり、オレはのっそりとソファーに横たわっているところを掃除機で弾き飛ばされるのが関の山だ。掃除機を買うのはいいが、今の掃除機の何が不満で、どんな掃除機が必要なのか、まるっきりイメージがない。

うーむ。どんな掃除機がイイのだ……。

掃除機のテレビCMからよく聞こえてくるのは、「吸引力」という言葉である。「キューインリョク」という言葉自体に、男心をくすぐる吸引力がある。恐らく吸引力さえ高ければ、カミさんも文句あるまい。

「掃除機購入にあたっての最優先事項は、吸引力ということでよろしいか!?」

カミさんにそう尋ねた。

「ううん、違う。あのねー……」

返ってきた答えは、意外なものだった。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。