人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

乾燥機付き洗濯機、食洗機、ロボット掃除機〝新三種の神器〟家電は共働き夫婦の暮らしをどう変えた?

2017.04.13

総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングでは、全国の30代~50代の共働きで、乾燥機付き洗濯機・食洗機・ロボット掃除機のいずれかを持つ545人を対象に「新三種の神器 家電」をテーマにしたインターネットリサーチを実施。このほど、その結果を公開した。

1950年代後半、白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫は『三種の神器』と呼ばれていた。それから半世紀以上が経過。専業主婦世帯が720万世帯に対し、夫婦共働き世帯が1077万世帯で59.9%という現代では、家事の負担を減らす、乾燥機付き洗濯機・食洗機・ロボット掃除機を『新三種の神器』と呼ぶ傾向が見受けられる。

共働きの男女2万8123名に対し、行なっている家事のなかから、その家事を行なうために使用している家電を聞いたところ、「ロボット掃除機以外の掃除機」86.2%、次いで「アイロン」85.3%という順に。新三種の神器では「乾燥機付き洗濯機」が43.5%、「食洗機」が29.4%となっている。「ロボット掃除機」は8.5%と「食洗機」の29.4%に対し約20ポイントマイナスの差をつけており、新三種の神器と呼ばれる3つの家電ですが、普及率に関してはまだばらつきがあるようだ。今回は、「乾燥機付き洗濯機」、「食洗機」、「ロボット掃除機」のいずれかを持つ545名に以下調査を実施した。

乾燥機付き洗濯機、食洗機、ロボット掃除機を使用することにより、時間に余裕が生まれたかを聞いたところ、乾燥機付き洗濯機は計69.1%が、食洗機は計90.0%が、ロボット掃除機は計87.9%が、時間に余裕が生まれたと回答。新三種の神器のうち、時間に余裕を生むと感じている共働き夫婦が最も多いアイテムは食洗機となった。

次いで、心にゆとりをもてていると思うかを聞くと、乾燥機付き洗濯機は計60.7%が、食洗機は計59.5%が、ロボット掃除機は計68.8%が心にゆとりを持てていると回答。心にゆとりを持てていると思うかは、ロボット掃除機が最も高い数値となっている。

毎日の生活に満足しているかという設問では、乾燥機付き洗濯機は計72.3%、食洗機は計71.0%、ロボット掃除機が計77.4%となった。新三種の神器とも7割を超える高いスコアとなりながらも、ロボット掃除機が77.4%と最も高い結果を示した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。