人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

重厚感ある硬めのタッチと落ち着きはらった矢のような直進性が魅力のマツダ『ロードスターRF』

2017.04.12

ボク自身もそうだが、オープンカーを所有するにはけっこうなハードルがある。それも2シーターのライトウェイトオープンスポーツならなおさらである。

家族の反対?屋外駐車の不安?快適性の心配?しかし、それを克服できる1台がある。そう、マツダ・ロードスターRFである。この4代目ロードスターではリトラクタブルハードトップなる、クーペとオープンカーを両立する凝りに凝った電動ハードルーフを用意している。

 

4代目マツダ・ロードスターは世界に誇れる素晴らしいオープンスポーツだが、基本的に幌を開けて走るべきクルマだ。ところが、日本仕様のロードスターに設定されない2L、158ps、20.4kg-mエンジンを積むロードスターRFは基本的に美しく実用的なクーペスタイルで乗り、オープンカーを楽しむべき条件が整ったときにのみオープン走行を楽しめばよい。その違いは、オープンカー選び、スポーツカー選びのハードルを一気に下げてくれると思える。なんとなれば、家族に2シーターのクーペを買います・・・と、無理矢理了解を得ることができるかもしれない(すぐにバレるとは思いますが)。

 

今回試乗したのはロードスターRFのVS 6AT、およびもっともスポーティーなRSの6MTモデル。試乗コースは横浜から早春の伊豆今井浜へと向かう、市街地、高速道路、山道を含む往復約400kmの行程である。

外気温10度。まだ肌寒さが残る往路でステアリングを握ったのはVSの6AT。横浜を出発し、首都高~東名高速~沼津ICから414号線、通称下田街道をひたすら南下するルードである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。