人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

立体映像、AI、量子コンピュータ、NTTが実用化を目指す8つの最先端技術とは

2017.04.12

 電話やデータ通信サービスといった電気通信事業を展開しているNTT。同社がこの重要な社会インフラを支えるために、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有し、最先端技術を研究開発していることを忘れてはならない。今、NTTがどんな最先端技術を研究し、実用化しようとしているのか、注目の技術やサービスを紹介しよう。

■競技や公演の様子を立体映像で遠隔地にリアルタイム伝送する「Kirari!」

 NTTは、グループ会社総出で2020年に開催される東京オリンピックを通信面でサポートする。立体映像の伝送や再生、来日客をサポートするサービスなど、オリンピックを意識した、実現一歩手前のさまざまな技術が開発されている。

 イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!(キラリ)」は、スポーツ競技やライブ公演などを遠隔地にリアルタイムに伝送し、被写体を立体映像で再現するもの。現地で被写体映像の抽出やサラウンド映像生成、集音などのメディア処理を行い、それらのデータをネットワークでリアルタイムに伝送し、遠隔中継会場で内容に合わせたサラウンド映像で臨場感たっぷりに再現する。観客は現地にいなくても、目の前で競技や公演が行われているかのような体験ができるというものだ。

 Kirari!は3年前に発表され、2016年には個人競技の疑似3Dリアルタイム中継が可能となるほど進化。さらにこの1年で、被写体抽出の技術が向上し、表現がより精緻になった。NTTの研究開発を紹介する今年の「NTT R&Dフォーラム」では、ラスベガスと日本を結んた歌舞伎中継や、柔道のベイカー茉秋選手が競技している様子を映し出すデモも行われた。

立体映像からAI、量子コンピュータまで。NTTが取り組むと最先端技術は実用にきっとなる!
2月に開催された「NTT R&Dフォーラム2017」では、Kirari!を使って市川染五郎のいるラスベガスと結び、ラスベガス歌舞伎「獅子王」を中継した。写真は上が通常の2D映像で、下がKirari!の映像

立体映像からAI、量子コンピュータまで。NTTが取り組むと最先端技術は実用にきっとなる!
ホログラフのような透過映像なので、演者本人がそこにいるように、とは言い難いが、見る角度を変えると見え方が変わって現実感があった

立体映像からAI、量子コンピュータまで。NTTが取り組むと最先端技術は実用にきっとなる!
被写体を抽出する技術を向上させ、細部まで精緻かつ自然に被写体を映し出せるようになったという

立体映像からAI、量子コンピュータまで。NTTが取り組むと最先端技術は実用にきっとなる!
ベイカー茉秋選手が試合する様子をKirari!で立体的に映し出すデモ

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。