人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハイカカオチョコレートを美味しく、上手に食べるコツ

2017.04.11

ハイカカオチョコレートが便秘を改善する!?簡単おいしいチョコレシピ

近年話題の、カカオ含有量が70%以上の「ハイカカオチョコレート」。カカオポリフェノールやカカオプロテインが含まれることで、健康志向の人々の間では大いに話題になっている。ハイカカオチョコレートは、ちょっと苦みがあるものの、その分、健康効果が期待できるようだ。そこで、ハイカカオチョコレートを上手に活用するために、料理研究家によるハイカカオチョコレートのおかずやスイーツのレシピを紹介する。

■便秘解消効果もある「ハイカカオチョコレート」

「ハイカカオチョコレートは便秘にいい」と、以前、NHKの「あさイチ」で放送されて話題になった。同番組で行われた実験では、便秘悩みを持つ30~50代女性8人にハイカカオチョコレートを毎日25g、2週間食べ続けたところ、平均週に1~2日だったお通じが、週5日の頻度に改善したという。

その理由として、帝京大学理工学部の古賀仁一郎准教授は、カカオ豆に含まれる「カカオプロテイン」という難消化性のタンパク質が、食物繊維と同じような働きをすることを指摘している。さらに、カカオプロテインは腸内細菌のエサとなるため、腸内環境が整う効果もあるそうだ。

■注目の成分「カカオプロテイン」と「カカオポリフェノール」の効果

ハイカカオチョコレートが便秘を改善する!?簡単おいしいチョコレシピ

明治の研究によれば、「カカオプロテイン」は主に、便通改善、排便回数の増加、便色の改善、便量の増加、腸内フローラの変化などの効果が期待されるという。

また、先の帝京大 古賀教授の指摘にもあったとおり、カカオプロテインは、小腸では吸収されず、大腸に運ばれた後で便のかさを増す、腸内細菌のエサとして腸内フローラを活性化してくれるなどの「難消化性」の特徴もある。

そして、チョコレートには、もう一つ優れた働きのある「カカオポリフェノール」という成分も含まれている。カカオポリフェノールには認知症予防、動脈硬化のリスク低減、血圧低下、善玉コレステロールの値の上昇、精神的・肉体的に活動的になるなどの効果があるという。

カカオが70%以上と、通常より多く含まれるハイカカオチョコレートは、カカオプロテインやカカオポリフェノールの働きがより多く期待できることから、実に健康的な食品であることが分かる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。