人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.08

【東京モーターサイクルショー】クロームからブラックへと変貌を遂げるHarley-Davidsonの最新モデル

■Introduction

【Harley-Davidson】3月24日から26日まで東京ビックサイトに於いて第44回東京モーターサイクルショーが開催された。入場者は合計14万6495人と初の14万人超えを記録した。今回は、メーカー別に私が気になる大型二輪中心のレポートをお届けしよう。

HARLEY-DAVIDSON

ハーレーと言えば、大排気量のVツインをドコドコ言わせてハイウェイペグに足を投げ出したアメリカンというイメージがあったが、最近はそうでもないらしい。若い世代を中心にSTREETのクロームパーツをブラックに全体をダーク系に仕上げるダークカスタムが流行しているという。これに応えて純正のオプションパーツを作っている。幅広い層にアピールできる豊富な車種とカスタムパーツがあることもハーレーダビッドソンの魅力の一つなのだ。

■『STREET ROD』オリーブゴールド

ストリート750の取り回しの良さを生かしつつ、トルクアップした新型エンジンを搭載。リターンライダーだけでなく初めてのハーレーとしても最適な1台に仕上げたという。倒立フロントフォークで車高をアップ。ドラッグスタイルのストレートハンドルにバーエンドミラーを採用。排気量749ccのHigh Output Revolution X、水冷60度Vツインエンジン搭載。モノトーンカラー109万9800円(税込)。これ水冷なの? しかもドゥカティ『Monster821』よりも安い。

■『STREET ROD』ビビッドブラック

こちらはさらにストリートらしさを演出したブラックバージョン。多くのパーツがブラックアウトされており、渋い。っていうか夜走っていたらクルマからの視認性が悪そう。フロント、リア共に17インチホイールで、フロントは300mmのデュアルフロントディスクとABSを装備する。ビビッドブラック107万円(税込)


ラジエーターやエアインテークも艶消し塗装で仕上げられている。とてもハーレーとは思えない渋さで、これなら若い世代にも受け入れられそう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ