人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

使わなきゃ損!国・自治体の補助金・給付金制度【出産・子育て編】

2017.04.08

■出産・子育て関連の補助金制度活用のコツ

ファイナンシャル・プランナーの福島佳奈美さんによれば、出産・子育て関連の補助金制度を活用するには、次のようなコツがあるという。

●自治体の広報誌やホームページをチェックする

「出産や子育てに関する補助金や助成金にはたくさんの種類があります。自治体から出るものは、広報紙やホームページで情報が発信されていますので、どんな支援があるか、必要な手続きや申請方法をチェックするとよいでしょう。自治体によって内容はさまざまですし、自分から申請しないともらえないものもありますので、『知らなかった…』で損をしないようにしたいですね」

●手続きすれば助成が受けられることも

「妊婦健診や小児医療費の助成など、医療機関における費用は自治体からの助成金でまかなえる部分も多くなっていますが、里帰り出産の場合や旅行先で受診した場合も、別途手続をすれば助成が受けられる場合があります。必要な書類や手続きは何かを調べておくと、無駄なお金を払わなくて済みます」

●勤務先を通じて申請するものは早めに準備を

「『出産育児一時金』や、女性が働き続ける場合にもらえる『出産手当金』、『育児休業給付金』は、基本的には勤務先を通じて申請しますが、申請期限を過ぎると給付金がもらえなくなってしまいます。必要な書類も多く、意外と申請に手間がかかりますので、出産前から書類を取り寄せるなど、なるべく早く動いておくと安心です」

(取材協力)
福島 佳奈美(ふくしま かなみ)さん
ふくしまライフプランニングオフィス代表(http://kakeifp.com/)。
ファイナンシャルプランナー(CFP(R))。DC(確定拠出年金)アドバイザー。子育て世代のライフプランニングや教育費相談、家計見直しなどを得意とする独立系FP。マネーコラム執筆、個人相談、セミナー講師などを中心に活動中。

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。