人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ヨーグルトやコーヒーにも合う!?クセのない味だからこそ楽しめる『マルタのえごまオイル』

2017.04.09

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆「油は体に悪い」から「良い油を摂るのが健康的である」と消費者の意識も変化

 摂り過ぎると太る、健康のためには量を控えた方がいい、というネガティブなイメージがあった油だが、さまざまな研究成果が発表されたことによりここ数年で大きく変わり、質の良い油を摂ることは健康や美容によく、積極的に摂るべきだというのがトレンドになっている。健康オイルの人気をけん引してきたのが「プレミアムオイル」と呼ばれる、ココナッツオイル、アマニオイル、えごまオイルで、サラダ油やオリーブオイル、ゴマ油といったレギュラーオイルが炒め物など調理に使うのに対し、プレミアムオイルはかけたり、つけたりとちょい足しとして利用されている。

 日本で初めて食用のえごまオイルを開発した太田油脂の新製品発表会が開催された。ランチタイムは11時頃から行列ができる、大手町に勤める女性の間で大人気の玄米カフェ「実身美(サンミ)」を会場にして、太田油脂代表取締役社長の太田 健介さん、脂肪酸と脳機能に関して研究を行っている麻布大学教授の守口 徹さん、「実身美」オーナーで、オイルアンバサダーの大塚 三紀子さんらが出席した。

ヨーグルトやコーヒーにも!クセのない味だからこそ楽しめるマルタのえごまオイル

 マルタブランドとして知られる同社は今年創業115年を迎え、宮内庁、伊勢神宮の御用達として、皇居や伊勢神宮で行われる祭祀で使用される灯明油も同社が納めている。伝統の油を造りながら、プレミアムオイルという新しいトレンドのオイルを積極的に開発しているのが太田油脂の特長だ。

「よく間違われるが、えごまはゴマ科でなくシソ科の植物。オメガ3(α-リノレン酸)が約60%も含まれており、これはオリーブオイルの100倍。アレルギーの改善、ストレス、肥満、動脈硬化、アンチエイジングという生理機能の効果についての研究発表や、認知症予防、美肌、腸活という視点でマスコミに取り上げられることも増えている。

ヨーグルトやコーヒーにも!クセのない味だからこそ楽しめるマルタのえごまオイル

 この2年で多くのえごまオイル商品が世にあふれたが、輸入品、国内メーカーと乱立した状況となっている。弊社の相談センターや手紙で寄せられる中で最も多いのが、産地が不安、輸入品に多いクセが強くて食べにくい、酸化が進んでおいしくない、色が濃い、といった不安や不満要素。これがリピートできない要因ではないかとみている。

 マルタのえごまオイルは種から購入し、種から育て油を搾っている一貫生産は国内では当社だけ。色が濃い、ニオイがきついという問題も、精製技術でクリアできたのも100年続いた油屋の強み。原油だとクセが強く使いづらいので、精製してほぼ無色透明に仕上げている。油の酸化度合いを表すPOVの数値上昇が他社製品と比べて低く、優れた保存安定性で、賞味期限間近でもおいしくいただけるのも強み」(太田社長)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。