人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.07

【東京モーターサイクルショー】BMWの最新バイク、注目はコレだ!

■Introduction

【BMW】3月24日から26日まで東京ビックサイトに於いて第44回東京モーターサイクルショーが開催された。入場者は合計14万6495人と初の14万人超えを記録した。今回は、メーカー別に私が気になる大型二輪中心のレポートをお届けしよう。

BMW

安定して、速い、信頼性が高い。それが私のBMWに対するイメージだ。独特の乗り味とエンジンで日本での人気が高い水平対向エンジンのRシリーズ。サーキットでも速いSシリーズ、本格的なエンデューロマシンのFシリーズ、ワイルドなスクランブラーなど魅力的なラインナップが多数用意されている。モーターサイクルショーでは、日本初公開の「R5 Hommage」、昭和女子大とのコラボスクーター、普通二輪免許で乗れる『G310R』、「R nine T」の全6モデルが展示された。また、5月12日発売予定の航続距離160km、最高速度129kmの電動スクーター『C evolution』も登場した。


日本初公開されたコンセプトモデルの「R5 Hommage」は、スーパーチャージャーを搭載したボクサーツインエンジンを搭載している。シンプルで美しい。


真横から見るとタイヤの存在感がすごい。リアフレームはモノサスでシャフトドライブ駆動だ。


普通二輪免許で乗れる『G310R』のカスタムモデルが早くも登場。八王子のカスタムショップ「WEDGE MOTORCYCLE」が製作した。


リアサスはモノショックでタンクの下に収められている。エンジンは後方排気になっている。フレームは純正のトラスフレームのメインフレームを残してカスタムしている。


昭和女子大とのコラボから生まれた『C650 SPORT』。花言葉とマンガの2テーマから作られた。


マンガの方は、吹き出しに書かれたセリフの集まりで構成されている。昭和女子大、生活科学部環境デザイン学科プロダクトコースの学生6人が考えた6案から2案を選択して製作された。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ