人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スポーツカーの常識を覆す!?5.2ℓ、V10エンジン搭載したアウディの新型『R8 Spyder』

2017.04.06

アウディはフラッグシップスポーツモデルの『R8』のオープントップモデル『R8 Spyder』をフルモデルチェンジ。7月上旬より全国のAudi Sport店(25店舗、現時点)を通じて発売を開始する。車両本体価格は2618万円(税込)。

R8 Spyder

Audi Sport GmbH代表ステファンヴィンケルマン氏は、今回のローンチに関して次のように述べている。
「新型Audi R8 Spyder V10を開発するにあたり、私たちが持っているモータースポーツの全ノウハウをこの生産モデルに投入しました。それにより、第2世代のAudi R8 Spyderはパワフルなパフォーマンスにおいても先代を超えています」

R8 Spyder

2010年に1世代目が発売された『R8 Spyder』が、卓越したダイナミック パフォーマンスに加えてスーパースポーツカーの常識を覆す快適性を手に入れた2世代目へと大きく進化した。新型は Coupéと同様、ボディサイドのエアインテーク部にサイドブレードを装着することで、ミッドシップ スポーツであることをアピール。フロントには左右それぞれに37個ものLEDを備えたLEDマトリックスヘッドライトを標準装備している。

R8 Spyder

そしてLEDリヤコンビネーションライトの間にハニカムグリルを装着することでCoupéとは異なる表情を演出。フレームにはアルミとカーボンファーバー強化プラスチック(CFRP)を組み合わせた総重量わずか208kgの新世代のアウディ スペース フレーム(ASF)を採用することにより、ねじれ剛性は先代モデルとの比較で50%の改善を果たしている。

R8 Spyder

油圧電動式ソフトトップは遮音性に優れたクロス製で、フレームにはアルミニウムと鋳造マグネシウムを採用、トップコンパートメントカバーはCFRP製となっている。重量は約44kgで軽量化と低重心化に貢献。開閉に要する時間は約20秒で、50km/h以下であれば走行中の操作も可能だ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。