人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

BAドライバーを片側に6基搭載!オーストラリアの新鋭ブランドAudioflyが作ったインイヤモニター『AF1120』

2017.04.06

ローランドは同社が輸入・販売を行うオーストラリア・Audiofly(オーディオフライ)社のインイヤモニターの新モデル『AF1120』の発売を開始した。

AF1120

「Audiofly」は2010年にオーストラリアで設立された新鋭のイヤホンブランド。今回発売される『AF1120』は同ブランドのインイヤモニターのフラッグシップ・モデルとなる。インイヤモニターは本来、ライブステージでミュージシャンが、自分の演奏や歌唱をモニターするためのイヤホンだが、近年その正確な音質がオーディオファンからも注目され、リスニング用としても人気を集めている。

AF1120

『AF1120』は、「Builtfor Music」というコンセプトを基に、プロユースに必要な要素を全て備えたインイヤモニターだ。その最大の特徴はBAドライバーを左右に各6 基(合計12 基)搭載し、低、中、高音域それぞれに各2基を割り当てたこと。その結果、より高い解像度と自然な音の広がりを実現した。また、BAドライバーに接続するクロスオーバー回路には、原音を忠実に再現する独自のフィルタリング方式を採用しており、自然なクロスオーバーによるナチュラルなサウンドを再生。長時間の使用でも疲労感を感じにくいという。

AF1120

また、ドライバーの性能を最大限に活かすためにケーブルにはAudiofly独自の技術を採り入れた「AudioflexSL TwistCable」を採用していいる。これは登山用のロープにも使われているファイバー素材「Cordura」をケーブルに編み込み、柔軟性を保ちながらも優れた耐久性を実現。ライブなど動きの激しい環境でも安心して使用できる。また、ケーブルが服に擦れて発生するノイズを抑制したり、ケーブルをツイスト状にすることで外部からの電磁波ノイズも受けにくくするなど、低ノイズ化も図られている。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。