人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

竹の織りなすパターンが美しいプラチナ万年筆の『竹編み万年筆』

2017.04.04

プラチナ万年筆は万年筆ブランド「出雲」の新商品として、伝統工芸士が竹を軸に編み上げた「竹編み万年筆 茣蓙目(ござめ)・暗黒色、紅樺色」と、「横網代(よこあじろ)・虎斑(とらふ)」を製品化。4月1日より発売を開始する。

 

左より「暗黒色」、「紅樺色」、「虎斑」

竹細工の歴史は古く、日本人の生活文化と密接に関わってきた。その技は次第に工芸品として価値を高め、伝統工芸士が現代まで技を継承している。今回の新製品は万年筆軸に竹を編み上げた装飾が特徴で、出雲ブランド初の直線的な新フォルムを採用。竹の織りなすパターンが美しくアンティークな佇まいを醸し出し、いずれも手に馴染む万年筆に仕立てられている。

竹編み万年筆

その工程は伐採した竹を煮て、素材を強くする「油抜き」に始まり、「荒割り」、「幅とり」、「せんひき」と竹ひごを作る多くの工程が続き、およそ幅2mm、厚さ0.2mmの竹ひご36 本を使用して軸に編み上げていく。茣蓙目の2種類は染色して錆漆仕上げを施すが、横網代・虎斑は表皮の素材そのままを使用し、仕上げに漆を施して完成する。

また虎斑竹とは、竹に虎斑菌と呼ばれる菌類が寄生し、特徴的な黒い斑紋を有するようになったもので、斑紋の美しさから 江戸時代より珍重される素材だ。

竹編み万年筆

価格はいずれも12万円(税別)。サイズは全長136.5×最大径15mm、標準重量30g。ペン先は大型18金ペン:細字、中字、太字。仕様は本体(POM)・胴、鞘(竹)・天リング、胴ネジ(黄銅に黒クロームフィニッシュ)、グリップ(AS 樹脂)、グリップ保護リング(ステンレスにゴールドフィニッシュ)。ボトルインク30cc、カートリッジインク1 本 、コンバーター、筆衣(万年筆袋)、桐箱などが付属。
品番は「竹編み万年筆 茣蓙目・暗黒色」がPBA-120000Y ♯1、「同 紅樺色」がPBA-120000Y ♯15、「横網代・虎斑」がPBA-120000G #10。

竹編み万年筆

関連情報

http://www.platinum-pen.co.jp/

文/編集部

 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。