人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.04

魚のにおいは〝批判的な思考〟をもたらす?

 ルアーフィッシングやフライフィッシングの経験のある向きには周知のことだが、釣り場で同じルアーやフライをずっと使い続けていると徐々に魚に飽きられてそのうち見向きもされなくなってくる。文字通り“スレる”という現象で、こうなる前にルアーやフライを交換しないことには釣果が上がらないのだ。

 しかし、あらためて冷静に考えると、人間のような知能があるはずのない魚にそんな能力があるというのもスゴイ話だ。そして最新の研究では漁場や釣り場にいる魚は進化している可能性があることが指摘されている。

■人間の獲物にされた魚は進化する!?

 英・グラスゴー大学のショーン・キレン博士が率いる研究チームの論文が先頃、学術誌『Proceedings of the Royal Society B』に発表され、魚の生態に関する新たな認識が提示された。

 実験では水槽の中の小魚(ヒメハヤ)の魚群(43匹)をネットで繰り返し捕獲し、捕まえやすい個体と捕まえ難い個体を特定したという。そしてそれぞれの運動性能と基礎代謝率を調べたところ、個体によって大きな違いが出てきたということだ。

人間は魚のニオイを嗅ぐと疑い深くなる!?
ヒメハヤ属の小魚。「Wikipedia」より。

 まるで短距離選手のように瞬時に反応してネットを素早く避ける個体は、無酸素運動性能に優れており、そのぶん基礎代謝率も高いという。逆に捕まりやすい個体は運動能力が低く基礎代謝率も低い。一群のグループの中でこれほどの個体差があるのはどうしてなのか? 検証と議論を重ねるうちに、この個体差はグループの個体数に関係していることが濃厚になったという。

 つまり、このヒメハヤのように肉食魚や水鳥などの餌になっている種は、捕獲されやすい個体とされ難い個体がバランス良く並存し、生態系の中で全体の数を調整しているという。全体の数が増えてくれば弱い個体も増え、減れば強い個体の割合が増していくのだ。

 しかし、肉食魚や鳥の脅威であればまだしも、人間の標的にされた場合のプレッシャーたるや比較にならないほど高い。網や釣り針などで一度に大量の個体が捕獲されるからだ。人間のターゲットにされることで、運動性の低い個体はまさに一網打尽にされ、残された優れた個体は度重なるプレッシャーの中で遺伝子的な変化を遂げるのではないかと示唆している。つまり漁や釣りの対象魚は進化しているというのだ。

人間は魚のニオイを嗅ぐと疑い深くなる!?
フライで釣り上げられたニジマス。「Wikimedia Commons」より。

「漁や釣りによる捕獲は、平均以下の能力の個体を殲滅し残った個体の生殖能力を最大化します。そしてこれが遺伝子的な変化へと繋がっていくのです」と、研究を主導するショーン・キレン博士は「Phys.org」の記事で語っている。

 研究ではまだ実際に野生の種を研究するには至っていないが、もしこの仮説が正しいとすれば、管理釣り場のニジマスがすぐにルアーを見飽きることにも納得がいく。現代の釣魚たちは進化した文字通りのゲームフイッシュだったのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ