人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.24

100m9秒台も夢じゃない!?進化する脚力増強マシン

 日常の生活の基本動作でもあり、健康維持にとっても重要な“歩く”という行為−−。いつまでも健脚でありたいものだが、怪我や事故、あるいは病気や加齢による足腰の衰えはいつやってくるかわからない。また歩くのが億劫に感じられる人ほど、日常生活で歩くことを回避しがちになり、ますます足腰が衰えるという悪循環も人によってはなかなか断ち切れないかもしれない。そんな中、注目を集めているのが、歩行をアシストする機器である。機器といっても決して大げさなものではなく、手軽に扱えそうな点が特徴だ。

■画期的な“歩行アシスト機”が登場

 米・カーネギーメロン大学の研究チームが以前、公表したカーボンファイバー製の“歩行アシスト機”。人間の移動を補助する機器とはいえ、決して重厚なものではなく、両脚の下肢に装着するタイプで見た目もいたってシンプルだ。重量は片方で500gほどだという。

「Nature」に発表された研究論文によれば、完成した試作機を装着してトレッドミルの上を歩いてテストを行なったところ、歩行時の労力を4.6%から9.8%、平均にして7%低減できたということだ。これは体重が約4kg減ったに等しい感覚だという。

 モーターなどの動力は一切使用しないため、バッテリーなどもなく外観も構造も実に簡素だ。主要な部品であるスプリングとちょうつがい、クラッチの3つで歩行をアシストしているのだ。いわば、脛の骨やアキレス腱、ふくらはぎの筋肉などをもう“1セット”追加している状態になるということだ。

あなたも夢の100m9秒台!?進化する“脚力増強”マシン
トレッドミルの上でテスト歩行。 

◎動画はコチラ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ