人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.24

カロリーもアレルギーも心配無用!?未来の食事はこう進化する

 各種のサプリメントやプロテイン飲料など栄養面を補助する優れた製品が数多く出回るようになっているが、実際に食事を摂ることの楽しみを断ち切ることはなかなか難しいだろう。特に中年以降になるとカロリー摂取過多の問題も浮上してくるが、それでも飲食の楽しみを制限することは多くの人にとって困難をきわめるのではないだろうか。そこで登場してくるのかVR技術による、進化した“未来の食事”だ。

■バーチャルでゴージャスな食事体験

 1991年のアメリカ映画『フック(Hook)』は、40歳の大人になった“永遠の少年”ピーターパンが、宿敵のフック船長と再び闘うというファンタジーコメディーだ。映画の中でピーターパンが子供たちと一緒に食卓につき、頭の中で想像したご馳走が次々とテープルに出現するシーンあるのだが、このワンシーンから着想を得たロサンゼルズのデザイナー、ジンスー・アン氏は新しい食事の摂り方を提案するプロジェクト「Project Nourished」を立ち上げた。このプロジェクトが提案する“未来の食事”では、食事制限やアレルギーを気にすることなく思う存分に食事が楽しめるのだ。

バーチャルでゴージャスな食事体験
Project Nourished」のサイトより。

 具体的には、昨今ゲーム業界でも注目されているゴーグル型のディスプレイ機器であるVR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットと、特別なセンサーが取り付けられた箸やフォークを使い、バーチャル世界の中で食事を堪能できるシステムだ。

 実際に口にするものは寒天やこんにゃくゼリー、アラビアガムといったきわめて低カロリーの食品で、これらを組み合わせて触感や味をVRヘッドセットに映し出す料理に似せ、加えて芳香放出器(アロマディフューザー)で食べ物の匂いも再現してゴージャスな食事のひと時を“演出”するのである。現在のところ“メニュー”として寿司、ステーキ、ラザニア、パイの4種類の開発が試みられているということだ。もちろん今後はさらメニューを増やしていくことが考えられている。

 この秋に予定されている「Project Nourished」の正式発表に向け現時点では開発真っ只中の段階で、センサーつきの箸やフォークの試作品が次々作られており、ゲーム開発システム「Unity」で作成するVRヘッドセット「Oculus Rift」対応のソフトウェアも鋭意開発中であるということだ。

◎動画はコチラ

東京をモチーフにしたというデモ映像。

「我々人類の食事の方法が原始時代からたいして変わっていないことがとても残念だし、なにも現状維持に従う必要がないことを広く世に知ってもらいたいですね。明確にしておかなくちゃならない点は、この方法を従来の食事に置き換えようとしているわけではなくて、単純にこれまでなかった別の食事方法を提供するということです」(ジンスー・アン氏)

 あくまでも、食事に新たな選択肢を増やすという“オルタナティブ”を目指して企画された「Project Nourished」。今年の秋以降、体験できる機会があればぜひ御相伴にあずかりたいものだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ