人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.24

家計費は夫婦で負担?貯金額は?管理しているのは?隣のお宅のおさいふ事情

共働き世帯が年々増えているが、家計の管理は、夫と妻、どちらが担当しているケースが多いのだろうか。インターネット広告・メディア運営事業のインタースペースが以前、同社が運営する日本最大級のママ向け情報サイト『ママスタジアム』にて、「ママのおさいふ事情」に関する実態調査を行なったところ、意外な実態が浮き堀りになった。

まず家計費をどのように出しているかを聞くと、「パパの収入だけを家計費に」が51.4%で最多ではあるが、「パパとママの収入全てを家計費に」が21.9%で次に多く、「内容により夫婦で分担」が13.2%と続いており、両親がいくらかずつ分担しあって家計費を出す家庭は、足し合わせると約半数となった。

ママのおさいふ事情

 

家計費の管理をする人では「ママ」が最も多く62.0%。家計のやりくりは家事や育児をトータルで取り仕切る母親が多いのかもしれない。一方で「パパ(12.8%)」や「夫婦で一緒に(9.5%)」「内容により夫婦で分担(9.1%)」も1割程度。「誰も(管理)していない」というおおらかな家庭も5.2%と少数ですが存在していた。
正社員などで働く母親は、母親自身が家計管理をしている比率が67.1%と少し高め。一方で、専業主婦の家庭では、「パパ」が家計管理をしている家庭が約2割と平均よりも少し高めとなっており、家事や育児は母親でも、家族のお金の管理はお金を稼いでくる父親にお任せ、という家庭が多いのかも。

ママのおさいふ事情
ママのおさいふ事情

 

家族の貯金額については「貯金はない」と答えた母親が20.4%。20代ママでは25.9%が「貯金はない」と答えており、社会人年数が浅く収入も低くなりがちな若い世代では貯金が難しいようだ。また子ども人数が3人以上の家庭では30.1%が「貯金はない」と回答。子どもの数が増えると出ていくお金も多いからなのか、お金が貯まりにくいのかもしれない。
貯金額区分で見ても「100万円未満」が24.9%、「100万円台」が12.6%となり、「貯金なし」から「100万円台」で過半数。回答者の貯金額の平均は252万円となりましたが、20代ママが167万円、30代ママが238万円、40代以上ママが393万円と年代が上がるにつれて金額は徐々に増えており、時間をかけてコツコツと貯め続けてきた結果が出ているのだろうか。

ママのおさいふ事情

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ