人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

京大発のベンチャーGLMがEVスーパーカーのコンセプトモデル『G4』を公開

2017.04.04

京都大学発のベンチャーで、スポーツカータイプの電気自動車(スポーツEV)の量産に日本で初めて成功したGLMは来る4月18日、次世代EVスーパーカーのコンセプト車両『GLM G4』を国内初披露する。

GLM G4

『GLM G4』は現在、日本初の量産EVスーパーカーとして2019年の販売を目指して開発中のモデル。発表会ではコンセプト車両のお披露目とともに、販売予定価格と販売予定台数および販売戦略、開発スケジュールなどが、同社社長の小間裕康氏から語られる予定だ。

『GLM G4』は、「RoadYacht(ロードヨット)」(路上を走るヨット)をコンセプトに、現代のラグジュアリーカーの新境地を拓く、新時代の「グランドツアリングカー」として開発が進められている。クーペスタイルの外観ながら4ドアかつ4シーターを実現。スーパーカーのルーフラインを保ちつつ、4人の乗員がくつろげる快適な空間を確保している。前後ドアはハサミのように跳ね上がるシザーズドア方式を採用。ボディラインとともに、気品さと力強さと優雅さを強調したデザインだ。

GLM G4

車両には、専用開発の高効率・高出力なモーターを前後に2機搭載し、最高出力400kw(540馬力)、最大トルク1000Nmを発揮。加えて2機それぞれが、道路の表面状態に応じて、タイヤの回転力を調整する制御技術も搭載し、走行時の動力を最大化させる。その結果、発進から時速100kmまでの到達時間(0-100km/h加速)3.7秒、最高速度250km/h、航続距離400kmを実現しているという。

GLMは従来の自動車産業にはない、設計・製造面の特徴がある。一つはプラットフォーム部分と外装部分(外観ボディー)を完全に分離している点だ。同社は車のコンセプトや性能、仕様、デザイン設計といった企画開発と基礎技術や安全面の技術開発に重点を置き、部品そのものは製造せず、各メーカーから調達するか、モーターやバッテリーなど重要パーツはメーカーと共同開発している。協力会社は自動車サプライヤー(部品メーカー)など国内外170社におよび、協力網の構築も同社の強みとなっているのだ。

トミーカイラZZ
日本初の国産EVスポーツカーとして同社が量産販売している『トミーカイラZZ』

関連情報

http://glm.jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。