人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.28

汗をかいている人の体臭によってストレスが最大になる距離は?

日中の気温も上昇し、徐々に汗ばむ陽気になってきた。朝の通勤電車で周りの人の体臭が気になるようになってきた人もいるのではないだろうか。電通サイエンスジャムが以前、同社のCTO兼慶應義塾大学准教授満倉靖恵氏監修のもとで、若年男性を対象に脳波を解析し、体臭をケアする行為によって対人ストレスを軽減させる傾向があることを、マンダムとの共同実験によって実証したが(※体臭ケア行為とは、発汗前にデオドラント剤(ロールオン)を両脇に使用したことを指す)、実験によって、被験者の対人距離が240cmよりも近づいた際に、体臭ケア行為なしの場合は対人距離が短くなるに伴い、ストレス値の変化量が大きく、体臭ケア行為ありの場合はストレス値の変化量が少ない傾向が見られたことが明らかになった。また、体臭ケア行為なしの場合は、被験者の対人距離が120cm地点で最も大きなストレス値の上昇が確認された。つまり、体臭ケア行為によって、対人距離が約120cm程度近づいた際に対人ストレスを軽減できる可能性があることが判明した。

近接距離における友人とのセルフィー行為は、体臭ケア行為ありの場合の方が、全体として被験者の好き値が増加し、ストレス値が減少する傾向があることが判明。これは、人が好きな歌を熱唱した時に得られる変化と類似した結果だった。

■実験概要


目的/体臭ケア行為の有無による対人ストレス値の変化を脳波解析によって実証する
被験者/18歳〜22歳男性(8組)
実験日時/2016年12月
実験概要/(1)被験者が発汗状態で、友人との距離が近づいてくる際のストレス値・好き値を測定し、体臭ケア行為の有無で対照実験を行う(2)被験者が発汗状態で、密接距離における友人とのセルフィー行為の際のストレス値を測定し、体臭ケア行為の有無で対照実験を行なう
実験機材/(1)感性アナライザ(2)ギャツビースポットデオドラントロールオン

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ