人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パナソニックがDSD再生、Spotifyに対応したハイレゾコンポ『SC-PMX150』を発売

2017.04.03

パナソニックは、DSD再生に加え、CDをはじめとする幅広い音源を高音質で楽しめるハイレゾ音源再生対応のCDステレオシステム『SC-PMX150』を5月19日より発売する。価格はオープン価格。

SC-PMX150

近年、CDを超えるマスター音源に近い情報量を持つハイレゾ音源とその再生機器が普及。スマートフォンで手軽に楽しむ人から本格的に高音質を楽しむ人まで、リスニングスタイルが多様化している。そこで『SC-PMX150』では、まずスーパーオーディオCDに用いられるDSD形式(Direct Stream Digital)に対応。100kHzをはるかに超える非常に広い再生帯域と、可聴帯域内での十分なダイナミックレンジを同時に確保することで、ハイレゾ音源をより忠実に再生する。無料のパソコンアプリ「Panasonic Audio Player 2」をダウンロードすれば、ハイレゾ音源の管理や再生にも対応する。

またパソコンの音源を手軽に再生できる「USB-DAC機能」搭載。パソコンと本製品をUSBケーブル(別売)で接続するだけで、パソコンから再生するハイレゾを含むさまざまな音源をダイレクトに再生できる。音楽ストリーミングサービス「Spotify」にも対応した。

従来のCD再生においては、44.1kHz/16bitで記録されたCDの信号を、デジタル信号処理によりサンプリング周波数の帯域/ビット数を88.2kHz/32bitに拡張。高精度の「CDハイレゾ リ.マスター」処理でハイレゾ信号に変換して、CDの音楽もオリジナル音源に迫る自然な音質で楽しめる。同時に電源からくるデジタルノイズを従来機(『PMX100』)比30%低減する「内蔵パワーコンディショナー」も装備。スピーカー出力信号への外部からのノイズ混入を抑制することで、より高純度な音で再生することが可能になった。

SC-PMX150

このほかにも、Bluetooth対応機器に保存した音楽をワイヤレス再生する際、送信時の信号圧縮で失われた高域信号を演算処理して補正する「Bluetoothリ.マスター」、MP3の音楽をより自然な高音質で楽しめる「MP3 リ.マスター」なども搭載。4層基板を採用することで、デジタルアンプのGND(3層目)を電源供給回路(2層目)やデジタルアンプの出力部(4層目)と分離。デジタルノイズを低減する回路設計も見逃せない。

「CDハイレゾ リ.マスター」「内蔵パワーコンディショナー」などを搭載しない『SC-PMX80』も同時発売。

センターユニットは幅211×高さ114×奥行き267mm、約3kg。実用最大出力は60W+60W(JEITA)。スピーカーは幅161×高さ238×奥行き264mm、約3kg。形式は3ウェイ 3スピーカーシステム(バスレフ型)/ウーハー:14cmコーン型、ツイーター:1.9cmドーム型、スーパーツイーター:1.2cmピエゾ型。

SC-PMX150

関連情報

http://panasonic.jp/compo/

文/編集部

 

 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。