人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

この春、行きたい国内の絶景スポット10選

2017.04.02

 全国で桜の開花宣言が始まり、お出かけ気分が高まっている人も多いだろう。春休み期間、そしてゴールデンウィークの旅行を計画している方も多いのではないだろうか。エイチ・アイ・エスが昨年、同社が運用するSNSの旅好きのファン約100万人を対象に、事前アンケートでお勧めの春の絶景スポットを調査を実施し、その上位20のスポットを選択肢に設定し、「この春に行きたい!春の絶景投票キャンペーン<国内編>」と題し、行ってみたいと思う春の絶景スポットに投票してもらうキャンペーンを実施したところ、春に咲き乱れる桜を始め、ピンクや白の直径1.5cm程の小さな花を咲かせる芝桜や、大地をブルーに染めるネモフィラ、鮮やかな黄色い菜の花など、春を代表する花が作り出す絶景が北から南まで出揃ったほか、幻想的な青い光を放ち、春の時期限定で見られる「ホタルイカの身投げ」など、旅好きだからこそ知る「春の絶景スポット」が集まった。

その中から同社SNSファンが“行ってみたい国内の春の絶景”として投票した第1位は2016年3月26日に新幹線開業で注目が集まる北海道・函館市の「五稜郭公園の桜」となった。東京から新函館北斗間を約4時間で結ぶ新幹線により、北海道へのアクセスがより便利になることで「行ってみたい」という声を多く見られた。

1位 【北海道】五稜郭公園の桜<星型の水堀を囲う1600本もの桜が見事>(函館市)

美しい星の形をした、日本では珍しいヨーロッパスタイルの城郭。蝦夷地の防備強化のための要塞として1864年に完成。戊辰戦争最後の戦い、1869年の箱館戦争の舞台となったのはあまりにも有名だ。北海道新幹線を利用して行ってみたいという声を多く集め、堂々第1位に輝いた。

spring_japan01_a

【例年の見頃】5月上旬〜5月中旬 
【アクセス】北海道新幹線・新函館北斗駅からJR北海道函館駅まで電車で約20分。函館駅から市電で「五稜郭公園前」まで約20分、そこから公園まで徒歩15分。

2位 【奈良県】吉野千本桜<まさにひと目に千本見える豪華さ!>(吉野郡)

シロヤマザクラを中心に約200種、3万本の桜が密集する日本有数の桜の名所。“ひと目に千本見える豪華さ“という意味で「一目千本」と称され、下千本・中千本・上千本と順番に咲いていく。桜の名所として一度は行ってみたいと思っている人からの票を集め、2位にランクインした。

d5110-327-899501-2

【例年の見頃】4月上旬〜4月中旬頃
【アクセス】近鉄 京都駅から特急にて約1時間40分(橿原神宮前乗り換え)で吉野駅下車後、ロープウェイにて吉野山駅下車

3位 【京都府】哲学の道の桜<桜のトンネルができる散歩道>(京都市)

「哲学の道」は、南は永観堂の北東方向にある若王子神社から始まり、北は銀閣寺まで続く疎水に沿った全長約2kmの散歩道で、京都大学教授で哲学者の西田幾多郎氏が思策にふけりながら歩いたことから、この名がついたといわれている。約500本のソメイヨシノが植えられており、春には桜のトンネルを作り、風に舞う花びらが川面に散り風情がある。春に限らず旅行先と人気の京都が堂々3位に入った。

d5110-327-942257-3

【例年の見頃】4月上旬〜4月中旬
【アクセス】JR西日本・JR東海・近鉄・私営地下鉄 京都駅から市バスで銀閣寺前まで約30分。

4位 【埼玉県】羊山公園の芝桜<まるでピンクの花じゅうたん!>(秩父市)

秩父のシンボルともいわれる武甲山の麓「羊山丘陵」の斜面を利用して、春になると約40万株の芝桜が咲き誇る。色とりどりの芝桜がデザイン化され植栽されており、まるで花のパッチワークのよう!甘い香りの春風にそっとふかれてゆったりお散歩を楽しむことができる。

d5110-327-437872-4

【例年の見頃】4月中旬〜5月上旬
【アクセス】西武鉄道 秩父駅から徒歩約15分。都内からは約2時間20分。

5位 【山梨県】富士芝桜まつり<富士山をバックに鮮やかに咲き誇る芝桜>

首都圏最大級の約80万株もの芝桜が富士山の麓、富士本栖湖リゾートに咲く。頭に雪をかぶった富士山をバックに紫、ピンク、白の美しい芝桜の絨毯が広がる。芝桜とはハナシノブ科の多年草で、フロックスの一種。直径1.5cm程の小さな花で形が桜に似ており、芝生のように地面を覆って育つ。

d5110-327-513369-5

【例年の見頃】4月中旬〜5月下旬(2016年富士芝桜まつりは4月16日〜5月29日)
【アクセス】中央自動車道「河口湖IC」から国道139号で約25分。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。