人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.26

保護者に聞く「PTAの役員をやってよかったと思うこと」

新学期が始まり、PTAの役員を選ぶタイミングがやってくる。明光義塾が以前、全国の子どもを持つ保護者を対象に、保護者の人間関係および PTAに関する意識調査を実施したところ(回答数610名)、6割の人が PTA 活動に参加したことがあると回答しており、PTA 役員経験者の多くが「役員をやって良かった」と考えていることがわかった。

Q1.友人と呼べる保護者は何人いますか?

およそ4割の保護者が、保護者の友人は「いない」と回答。5人以上の友人がいる人は約1割で、保護者の友人関係は少人数で構築される傾向にあることがわかった。

PTAに関する意識調査

Q2.(保護者間の)人間関係に悩んだことがありますか?

3人に1人以上が「ある」と回答。保護者間の人間関係の悩みの中心は保護者同士のものではなく、子どもの関係の中から生まれることが多いようだ。メイコミュに寄せられた声は以下の通り。

PTAに関する意識調査

・陰口を言っている人達を見て、自分も言われてないか不安になった事がある。(中学 3 年生・男子)
・子ども同士がうまくいかなくなった時に、ヨソヨソしくなった。(中学 3 年生・女子)
・子どもに対する教育方針の違いを言い出せない(最終学歴をどうしたいかなど)。(高校生以上・男子)
・親が仲良くても子どもどうしが仲良くない。(小学校6年生・女子)
・仕事をしているので、急な集まりに参加出来ない事が多かった。その事が不満に思う人も沢山いたようです。(中学1年生・女子)
・下の子が入学したとき、上の子の懇談会に出席することが多く、なかなか下の子の学年のお母さんたちと話せなかった。(中学3年生・男子)
・地元ではない中学に行ったので、PTA や、保護者会などの情報が分からなかった。(中学1年生・男子)
・他の保護者の悪口を言う人との接し方に悩んだ。(中学2年生・男子)
・子どもが引っ込み思案なので担任の先生を独り占めする時間があり、他の保護者に嫌な目で見られたのが辛かったです。(不明)

Q3.保護者同士の人間関係の悩みをどのように解決したか具体的に教えてください

学校や先生に相談するようなケースは少なく、保護者同士で話し合ったりあまり干渉しないようにしたりといった意見が多く寄せられた。

・直接保護者と子ども同士で会って、話し合って解決した。担任の先生にも状況は報告し、学校でも様子を見ていただいた。(小学6年生・女子)
・自分は自分だし、分かってくれる人がその中に一人いたので他の人とは深く付き合わないようにした。(中学 3 年生・男子)
・気にしないように。割り切った。(中学 2 年生・男子)
・ネットの口コミサイトをみて納得した。(不明)
・お母様には話さず、そのお子さんと学校で会ったとき「いつも○○○○がお世話になっております」と声をかける。(中学2年生・女子)
・(親の付き合いは)情報交換で、子どもは子どもで…と考え直しました。(中学1年生・女子)
・話はできないが、なるべく挨拶だけでも、こちらから声をかけるよう、心がけていた。すると、他のお母さんから、声をかけてもらえるようになった。(中学3年生・男子)
・なるべく顔を合わせないようにした。特別なアクションは起こさなかった。(中学 3 年生・女子)
・とりあえずこちらは会えば普通に挨拶をし、話す機会があれば笑顔で接するようにした。段々とぎこちなさが薄れた。(不明)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ