人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.31

どんな味?どんぶり界の王座に君臨する茨城名物「アロエ丼」

■連載/ヨシムラヒロムの風土フード

どんぶり界のアーネスト・ホースト!?茨城名物「アロエ丼」を食べてみた

地方では日々、新たな名産品が開発されている。だが、全国的な知名度を得て、本当の意味で名産品となる商品は数少ない。ゆえに試行錯誤を繰り返す。その地域以外では絶対思いつかない味、意外性あるグルメなど、ユーモア精神あふれるものも多い。生活や文化から誕生した名産品候補群と云える。僕は、それを「風土フード」と呼ぶことにした。

アロエ丼を求めて・・・。

高速道路のサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)のフードコートが熱い。昨年9月にも取材をしたが、その熱は高まる一方である。今回は、SA・PAのフードコート149店舗が自慢のオリジナル丼を開発し、その頂点を競い合う「どんぶり王座決定戦!」の出場メニューを取材した!

「どんぶり王座決定戦!」は今年で3回目。大会の1回目、2回目を制したのが「常磐道友部SA上り線」だ。言ってみれば、Kー1全盛期のアーネスト・ホースト並みの絶対王者。

往復7時間をかけ、「常磐道友部SA上り線」が3連覇をかけて作ったオリジナル丼「アロエ丼(1500円)」を食べに行った。

どんぶり界のアーネスト・ホースト!?茨城名物「アロエ丼」を食べてみた

午前11時、事務所近くのTSUTAYA前で取材同行者と待ち合わせ。そこから3時間のドライブである。車内で、すでにアロエ丼を食べたことがある同行者を「そんな時間かけて食べる価値あるんですかぁ」と冷やかす。そして「本当に美味しいですから!」と熱弁される。

冷やかしにも飽きると、窓の外を眺める。東京から離れるほどに、住宅密集度が低くなる。

午後2時、「常磐道友部SA上り線」に到着。

どんぶり界のアーネスト・ホースト!?茨城名物「アロエ丼」を食べてみた

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ