人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もうすぐデビュー!通勤にも観光にも使える東武鉄道の“便利屋特急”500系Revaty

2017.03.31

500系Revatyの座席。コンセントやペットボトルホルダーも装備されている。 500系Revatyの座席。コンセントやペットボトルホルダーも装備されている。
500系Revatyの座席。コンセントやペットボトルホルダーも装備されている。

座席はリクライニングシートで、ひじかけの内側にコンセントが装備されており、パソコンやデジカメの充電などに重宝する。テーブルは背面及びひじかけの内側に格納されており、向かい合せ利用時でもお弁当などを置けるよう配慮されている。

100系スペーシアの座席。コンセントとペットボトルホルダーはない。
100系スペーシアの座席。コンセントとペットボトルホルダーはない。

一方、“坐り心地”という点に関しては、100系スペーシアに軍配をあげる。シートピッチ1,100ミリのゆとりを確保したほか、JR特急グリーン車なみの快適さを誇るので、浅草―春日部間といった短距離利用だと、後ろ髪をひかれる思いで降りた乗客も多いだろう。

しかしながら、100系スペーシアは意外と走行中の横揺れがあり、乗り心地という点では、500系Revaty が上回る。新幹線の車両で実績のあるフルアクティブサスペンション(車体動揺防止制御装置)を搭載し、振動を抑制しているからだ。たとえポイントを通過しても不快な揺れもない。

500系Revatyの旅客情報案内装置は、きめ細かな情報を流す。
500系Revatyの旅客情報案内装置は、きめ細かな情報を流す。

車内の旅客情報案内装置も、100系スペーシアに比べ、情報量や見やすさの点では大幅に優れており、トイレなども含めた総合的な快適性は、500系Revatyが若干上である。

なお、500系Revatyには自販機がないので、車内販売のない列車では、事前に飲食類を買ってから乗るとよい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。