人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もしお金を拾ったら?モラルと金銭欲をさらけ出す〝フリーマネー〟の社会実験動画

2018.03.30

 街を歩いていたら靴屋の店先には前から欲しかったスニーカーが特売で半額に! しかし財布の中に5千円しか入っていないことに気づき、ATMへ行くかどうか逡巡するのだが……。その時、道端に千円札が4、5枚放置されているのが目に入ったとしたらどうする? まさに当事者のモラルと金銭欲をあぶり出すような“意地悪”な社会実験が昨年、いくつか行なわれていたのだ。

■1ドル札を持って行くのは身なりの良い人物ばかり

 人気YouTuberのコビー・パーシン氏が以前、公開した“社会実験”動画は実に興味深い内容だ。パーシン氏は自らのジャケットに1ドル札を50枚、セロハンテープで貼りつけてニューヨーク・ユニオンスクエアの街を徘徊したのだ。両手でダンボール紙を掲げ、そこには「必要なら取って」というメッセージを表示。はたして、彼を目撃した人々はどんなリアクションを見せるのだろうか。

 実験開始直後、スーツ姿の恰幅の良い中年男性がパーシン氏に近づいてきておもむろに1ドル札を次々と引き剥がしていく。身なりのしっかりした男性だけに「本当に必要なの? そうは見えないけど」と思わず質問してしまうパーシン氏。

金銭欲を暴き出す“フリーマネー社会実験”動画に注目が集まる
ニューヨークで行なわれた“社会実験”

◎動画はコチラ

 すると男性は「必要じゃないが、タダなんだろ」と答え、さらに黙々と1ドル札をひき剥がしていくのだ。そして12、3枚ほどもぎ取ったところで札束を自分のジャケットに入れて「サンキュー」とひと言残し足早に去っていく。タダで手に入れたこのお金をこの後一体何に使うというのだろうか……。

 さらに動画では、ジョギング中の男性がすれ違いざまにパーシン氏のメッセージに気づき、いったん戻ってきて7、8枚引き剥がして走り去っていったり、ブランド物のバッグを持った身なりの良い女性が「明日ネイルに行かなくちゃいけないから」と20枚ほど持っていくシーンなどが収められている。意外なことに、彼に近寄ってきてお札を引き剥がすのは身なりの良い人物ばかりであることだ。中には高級なジバンシィのバッグを腕に提げて1ドル札を引き剥がす女性の姿もある。

 なかなか心穏やかではなくなるシーンが続くが、人通りの多い道を歩いていたところでパーシン氏は犬を連れたホームレスらしき男性に呼び止められる。犬はおそらくペットシッターの仕事で預かっているものだろう。

 掲げているメッセージが本当なのかどうか半信半疑の男性に「全部持っていって」と気前良く応じるパーシン氏。しかしホームレスの男性はすまなそうに2枚取って感謝の言葉を口にし「食べ物を買うから」と去っていこうとする。この謙虚なホームレスの男性に、これまで慇懃無礼で欲深い人々に接してきた反動もあるのか、パーシン氏はいたく感動したようで「それだけでいいの?」と問い質す。十分だという男性に、パーシン氏は思わず自分の財布から60ドルを取り出して彼に与えるのだった。最後に待っていた感動的なシーンに、ひとまずホッと胸を撫で下ろしたくなるのだが……。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。