人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.30

プレーンヨーグルト100gより糖質が低いカスタードプリン!?衝撃的なおいしさと甘さの「ロカボスイーツ」登場

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆おいしくて甘い「ロカボスイーツ」はスイーツ本来の楽しみが味わえる

適正な糖質量を摂取することで、血糖値の上がらない食事を実践して健康を保つ「ロカボ」を推進する「食・楽・健康協会」が主催した「ロカボスイーツパーティー」が開催され、スイーツには一家言ある隊員IMと共に参加した。

カスタードプリン1個がプレーンヨーグルト100gよりも低糖質!?驚きのおいしさと甘さの「ロカボスイーツ」

ロカボの提唱者で「食・楽・健康協会」代表理事であり医師の山田 悟さんのセミナーの途中に、ロカボスイーツプレートがテーブルに登場。プレートには「SUNAO(バニラ)」(江崎グリコ)、「おいしい低糖質プリン(カスタード)」(森永乳業)、「糖質を考えたプチシュークリーム」(モンテール)、サラヤの甘味料「ラカントS」を使用した「低糖質テリーヌショコラ」(モンサンクレール)の4品が。

カスタードプリン1個がプレーンヨーグルト100gよりも低糖質!?驚きのおいしさと甘さの「ロカボスイーツ」 カスタードプリン1個がプレーンヨーグルト100gよりも低糖質!?驚きのおいしさと甘さの「ロカボスイーツ」

ロカボではおやつの糖質量は10g。そのために1回のおやつで糖質が10g以内になるようにロカボスイーツは開発されている。パーティーは19時過ぎから開かれたので、夕食時のロカボの目安20~40gを想定して提供。画像にあるワンプレートの糖質合計は21.4gで、通常のショートケーキの約半分の糖質量だ。

パーティーではロカボスイーツの開発に積極的に取り組み、スイーツプレートにもあった「低糖質テリーヌショコラ」を製作したパティシエの辻口 博啓さんと山田さんのトークセッションも行われ、スイーツ業界のロカボへの取り組みについて語られた。

カスタードプリン1個がプレーンヨーグルト100gよりも低糖質!?驚きのおいしさと甘さの「ロカボスイーツ」

辻口シェフ「私も40代後半になり血糖値も尿酸値も上がってきたので改善をしなければと思っていた。糖質制限というと“砂糖は悪”のようなイメージがあり、パティシエからすると恐怖を感じていたが、その世界も知る必要があると山田先生とお会いして、実際にロカボ食を食べたら血糖値が150未満で収まることに驚いた。山田先生の提唱するロカボならおいしいスイーツが実現できるのではと開発に取り組むことにした」

山田医師「食べてみると普通においしく甘くて驚かれると思う。患者さんにも“しっかり甘いじゃないですか”とよく言われる。かつての栄養学だとおいしいものは食べてはだめといわれ、食べたいものを我慢してきた。我慢が重なるうちに、限界に達して爆発的に食べてしまい、結果として血糖値が悪くなるということが良く起きている。

甘いものを食べると幸せを感じるので、低糖質なんてどうせ甘くないものだろうと手を出さないのはもったいない。普段からロカボスイーツを楽しんでもらって健康になってもらいたい」

辻口シェフ「テリーヌショコラは4年前から出しているが、毎年130%越えの売上になっている。市場として伸びているということは欲している人が多いということ。世の中が糖質を制限していこうというマインドになっているのは事実。私は日本スイーツ協会代表理事もやっているが会員は1,000人を超えており、パティシエにもロカボスイーツを学んでもらいたいし、製菓学校でもロカボの知識を取り入れて正しい情報を若い人にも伝えたいと思っている。将来的にはスイーツショップにロカボスイーツが必ず2、3品置かれるようになることが理想だ」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。