人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.30

エアマックス誕生から30年!NIKEがFlyknit素材でフィット感抜群の『エア ヴェイパーマックス』を発売

1987年に登場した初代『エアマックス』は、大きなビジブルエアのクッショニングを搭載した初めてのシューズだった。1997年発売の『エアマックス 97』ではその技術が進化し、エアユニットをソール全体に搭載。その後も進化を続け、今回、約30年の時を経て、エアの可能性を最大限に引き出した軽量で、安定した持続性を発揮するクッショニングを提供する『エア ヴェイパーマックス』として新たに誕生した。

新たな技術の開発によって「ヴェイパーマックス エアユニット」を単独でアウトソールとして使用することが可能になり、今回の大きな躍進へと繋がった。具体的な成果としては、従来はエアユニットを保護し、耐久性を高めるためにゴムの層でユニットを覆う必要があったのに対し、新しいイノベーションは、エアとその外側の層を「ヴェイパーマックス エアユニット」として一体化することが可能になったため。

これまでは構造を保つために屈曲性のない部分を設ける必要があったが、新しいユニットは柔軟性を維持した形状を保保てるため、形状を大きく変え、より多くのエアを足裏に直接配置することができる。これらの技術を組み合わせることで、従来のフォームのミッドソールが不要となった。

フォームの重量と体積を削減したことで、新しいミッドソールは構造を崩すことなく屈曲性と弾力性が向上し、同時に軽量化とコンパクト化も実現。また、アッパーをエアユニットの上に直接配置することで、枕のような柔らかい感覚と、より優れた反発力が得られるようになったという。『エア ヴェイパーマックス』は、エアユニットにナイキ フライニットアッパーを組み合わせることで、必要な場所にサポートを提供し、シューズのさらなる軽量化を実現している。

『ナイキ エア ヴェイパーマックス』は3月26日からNIKE.COM及び一部の販売店で発売が開始される予定。価格は2万1600円。

関連情報

http://www.nike.com/jp/ja_jp/?SITESRC=launch

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。