人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メガネからコンタクトレンズに変えると、仕事や恋愛にプラスの影響はあるか?

2017.03.29

参天製薬は「新生活シーズンのコンタクトデビュー」をテーマに、20~30代のコンタクトレンズユーザー500名を対象とした意識・実態調査を実施。その結果を公開した。

 

はじめに、新生活のタイミングは、「コンタクトデビュー」がしやすいと思うかを聞いたところ、82%が「そう思う」と回答。その理由としては、「メガネから急に変わるのが恥ずかしいので」(27歳・女性)、「環境が変わるとイメージチェンジをしやすいから」(25歳・女性)、「もともとメガネだった場合は印象が大きく変わるので、新たなコミュニティーに移る時期に合わせて変えたほうがスムーズ」(37歳・男性)などの声があがっている。

特にメガネからコンタクトレンズに変える場合は、新生活シーズンというきっかけがあったほうが、抵抗なく変更できるという意見が目立っており、春は「コンタクトデビュー」にぴったりの季節と言えそうだ。また、実際に、自分自身が新生活や新学期のタイミングで「コンタクトデビュー」をした経験がある人も、約3人に1人(31%)にのぼっている。

さらに、「コンタクトデビュー後、恋愛・仕事・学校生活などにおいて、プラスの影響が生じたと思いますか?」という質問では、77%と約8割が「そう思う」と回答。具体的なエピソードを聞くと、「メガネからコンタクトに変えてモテるようになった」(24歳・男性)、「目元のメイクがしやすく、全体的に華やかになった」(30歳・女性)、「バスケットボールがしやすくなり、部活で活躍できるようになった」(29歳・女性)などの回答が得られた。

メガネからコンタクトに変えた場合に、「見た目が変わった」ことや「動くときに邪魔にならなくなった」、裸眼からコンタクトデビューした場合に、「モノがよく見えるようになった」などのコメントから、生活においてポジティブな変化が生まれている様子がうかがえる。

一方で、「コンタクトデビュー」はいいことばかりでもない様子。「コンタクトデビュー直後は、目の悩みが多かったと感じますか?」という質問では、53%と半数以上が「そう感じる」と答えている。ちなみに、「コンタクトデビュー」前と比べて、目の悩みが何割増しになったと思うかを聞くと、平均でおよそ「4割増し」という結果になった。デビュー直後は、慣れないコンタクトレンズに苦戦する人が多い様子がうかがえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。