人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あきらめることも大切?英語が出てこない時の対処法

2018.04.16

◎ネイティブの話を聞いて、間の持たせ方を学ぼう

「英語の上達には、ネイティブと実際に会って話すのがベストです」とアンドリューさんは言います。会って話せばリアルな英語が聞けます。

しかし、話す機会を持つことが難しい人もいるかもしれません。その場合はインターネットで自然な英語に触れることができます。たとえば、TEDではハイレベルのスピーチ映像を見ることができます。
https://www.ted.com/talks?language=ja

◎映画やドラマからも英語を学ぶことができます。

ただし、「映画やドラマでは、そこでしか使わないセリフが出てくることや、大袈裟に演技していることがある。本当に上達したいのであれば、ネイティブと会話をしてほしい」とアンドリューさんは主張していました。

◎間を持たせたいときは「普段はどうするか」考える

諦めも大事?英語が出てこないときの解決法をネイティブに聞いてみた

普段、「間を持たせるためになにをしているか」考えるだけで、あっさりと解決することがあります。

たとえば、仕事で英語を使う機会があるなら、スピーチや発表の後にある質問タイムで答えづらい質問をされることがあるかもしれません。このような状況で、英語で答えをまとめられないときに、間を持たせる答え方があります。

“Good question.”(いい質問だ)

それは「いい質問だ」と言うことです。これは英語だけでなく、日本語でも使われる表現です。学生時代に「それは、いい質問ですね」と教師が言っているのを聞いたことがあると思います。

「いい質問だ」と言ったあとは、なぜ“いい質問”なのか説明します。

その質問の答えがわからない場合は「同じ質問が浮かんだが、考えてもわからなかった」という話を詳しく説明すれば、それが答えになります。

質問の答えを知っている場合は、なぜ“いい質問”なのか答えて間を持たせてから、元の質問に戻ることができます。

この方法はどちらの答えでも、時間を稼いでいるように感じさせにくいのでオススメです。質問者も“いい質問”と言われて悪い気はしません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。