人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.29

20年ぶりに復活!重低音バズーカを搭載した東芝の4K液晶テレビ『レグザ BZ710Xシリーズ』

東芝映像ソリューションはブラウン管テレビに採用し一世を風靡した〝重低音バズーカ〟を20年ぶりに復活させ、臨場感あふれる高音質を実現した重低音バズーカ搭載4K液晶レグザ「BZ710Xシリーズ」2機種(55V型、49V型)を5月中旬から発売を開始する。価格はオープン価格。

4K液晶レグザ「BZ710Xシリーズ」

製品の特徴として、まず画質面では新開発の「全面直下LEDバックライト」による高いピーク輝度と、「直下型LEDハイブリッドエリアコントロール」による暗部の緻密なコントロールにより、リアルな輝きと引き締まった黒を描き出す。

さらに精細感ある高画質を実現する映像処理エンジン「レグザエンジンBeauty PRO」により、精細感を際立たせノイズを低減することで、リアルな高画質を実現。その機能としては、明るいシーンでの顔のハイライト部分の色飽和を抑え、階調をきめ細やかに描き出す「美肌リアライザー」、地上デジタル放送などの映像を高精細に再現する「地デジビューティPRO」などを備える。

 
レグザエンジンBeauty PRO

また、「HLG(Hybrid Log-Gamma:ハイブリッドログガンマ)」方式のHDR放送、動画配信サービスのHDRコンテンツやHDMI接続時のHDR信号(Ultra HD Blu-rayなどのHDR信号)入力に対応している。

そして音響面では重低音を響かせる「バズーカオーディオシステム」を搭載。オンキヨーと共同開発した「重低音バズーカウーファー」と、テレビ前面に配置した「大容量バスレフボックス2ウェイスピーカー」を総合出力66Wのマルチアンプで駆動。さらにレグザサウンドイコライザーアドバンスで緻密に音響補正することにより、迫力のある重低音と繊細で明瞭な高音質を再現していく。

4K液晶レグザ「BZ710Xシリーズ」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。