人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

鳥取大学農学部附属動物医療センターが進めるペットの最先端がん治療

2017.03.27

ICG-Lipoと光を用いたがん治療の成績

2014年4月~2015年3月末までに、鳥取大学農学部附属動物医療センターならび提携病院で効果が立証された274例を対象としました。腫瘍体積の増減判定はRECISTに基づき、CR(完全奏功)、PR(部分奏功)、SD(安定)、PD(進行)の4段階とし、症状の変化は獣医師の判断およびオーナーからの報告に基づいて判定しました。

RECISTに基づいた結果は、274症例のうち、CR:7例、PR:46例、SD:158例、PD:49例、不明等:14例でした.この結果より、有効率(全症例に対するCR、PRおよびSD症例の和の割合)は77.1%でした。また、延命効果に関しては、274症例のうち、効果有り:227例(82.8%)、効果無し:40例(14.6%)、不明:7例(2.6%)でした。

さらに、総合判定に関しては、図4に示したように、274症例のうち、著効:11例(4.0%)、有効:172例(62.8%)、無効:59例(21.7%)、判定不能:32例(11.7%)でした。副作用として数例で投与後の嘔吐が報告されましたが、アナフィラキシーショックなど生死に関わる重大な副作用はありませんでした。代表的な症例を紹介します。

003
図4. 2014年4月~2015年3月末までに,鳥取大学農学部附属動物医療センターならび提携病院で効果が立証された274例を対象とした総合判定

症例: 猫、雑、雌、10歳、4.1kg

近隣の動物病院に「くしゃみ・右眼の目やに」を主訴として受診しました。初診時は、顕著な病巣が無かったため、抗生物質を投与したところ、症状の改善がみられました。しかし、2ヶ月後、くしゃみが再発すると共に、軽度の鼻出血と頬から右側鼻部にかけての軽度腫脹を呈しました。再度抗生物質の投与を開始しましたが、右頬部の腫脹は徐々に増大し、右眼球突出(図5)と軽度鼻出血が確認されました。頭部X線像では、上顎部の骨融解像が認められました(図6)。細胞診の結果により、上皮系腫瘍が疑われました(最終的にはリンパ腫と診断)。

インフォームドコンセントの結果、放射線療法による積極的な治療を希望されなかったため、ICG-Lipoによる治療を行うことにしました。補助療法として、食欲低下時に輸液を実施することとしました。ICG-Lipoを血管内投与後、通院治療(週5回照射)としました。治療方法は、近赤外線照射治療器(飛鳥メディカル社製半導体レーザー:DVL-15)により、患部に20分間の光照射(出力5W)を行いました。

顔面の腫脹は、治療開始後、漸次減少しましたが、1週間経過した辺りから再度腫脹が見受けられました。その後、症状の改善・悪化を繰り返しました(第1〜4クール)。しかしながら、第5クールから急激に顔面の腫脹が減少すると共に、鼻塞栓もほぼ改善しました(図5)。また、X線検査の結果より、上顎部の骨吸収像の改善も確認されました(図6)。

004
図5.治療前と治療後約3ヶ月時の顔貌。5クールの治療により、顔貌は完全に元の状態に回復している。

005
図6.治療前と治療後約3ヶ月時の患部X線像。治療により、骨吸収部(黄色枠)が改善され、ほぼ正常な骨密度になっている。

これまでに全国約270施設で延べ約900症例に本治療を試行してきました。本治療に興味のある方は、下記のHPにお問い合わせください。

鳥取大学農学部附属動物医療センター:http://vth-tottori-u.jp/

005-1

文/岡本芳晴(おかもとよしはる)

昭和34年兵庫県生まれ。昭和58年北海道大学獣医学部獣医学科卒業。昭和62年北海道大学大学院獣医学研究科予防治療学専攻博士後期課程中途退学(博士号学位取得)。昭和62年より鳥取大学助手農学部。平成15年教授に就任。

◆専門:獣医外科学(小動物外科専門医)
◆主な研究テーマ:がんに対する先端的治療(がん免疫療法、光線温熱化学療法等)の開発、内視鏡下手術の獣医臨床応用、等
◆所属学会:日本獣医学会(評議員)他
◆趣味:詩吟、家庭菜園、海草採取、バイク、ワイン、読書

構成/ペットゥモロー編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。