人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.25

ママが家族のために作るおにぎりは、年間平均○○個

味の素冷凍食品は全国のママ1600名に「おにぎり作り」に関する意識・実態調査を実施。その結果を公開した。

はじめに、ママたちが1年間に作るおにぎりの個数を聞いた。その結果、1人のママが家族のために作るおにぎりの個数は平均約228個。エリア別に見てみると、最も個数が多かったのは中国地方で251個、少なかったのは北海道地方の181個となった。トップの中国地方以下、近畿地方、四国地方、九州・沖縄地方でベスト4を占め、西日本は総じて個数が多く、おにぎり作りは「西高東低」の傾向と言えるかもしれないない。ちなみに「251個」(中国地方)という個数を縦に積み重ねると、4階建てのビルと同じくらいの高さ(約16m)になる(※おにぎり1個の高さを6.5cmとして計算した場合)。ここからも、改めてママたちの「おにぎり作り」の大変さがわかるのでは?

「おにぎり作り」に関する意識・実態調査

次に、「よく作るおにぎりの具材」について聞くと、「鮭」(51.8%)や「梅干し」(51.7%)を僅差で上回り、「おにぎり用のふりかけ」(52.3%)が1位に。忙しいママだからこそ、便利なふりかけに頼っている現状がうかがえる。

「おにぎり作り」に関する意識・実態調査

また、エリア別でみると、「北海道地方」と「九州・沖縄地方」で「たらこ」と「明太子」の人気度が逆転するなど、よく作る“一押しの具材”にも違いがみられた。

エリア別で人気の「おにぎりの具材」は次のとおり。

●エリア別人気の「おにぎりの具材」 ※各エリア200名ずつ
鮭     :東北地方70%    > 全国平均52%
おかか   :北海道地方43%   > 全国平均37%
たらこ   :北海道地方33%   > 全国平均20%
明太子   :九州・沖縄地方26% > 全国平均20%
わかめごはん:四国地方42%    > 全国平均31%

また、「おにぎりの形」についても地域性がある。「作ったことがある形」としては「三角形型」が全エリアで90%を超えている。一方、「三角形型」以外では「俵型」が四国地方で83%(他エリア平均:64%)、「ボール型」が九州・沖縄地方で51%(他エリア平均:42%)、「平べったい丸型」が東北地方で37%(他エリア平均:13%)と、おにぎりの形にも地域性があることがわかる結果となった。

「おにぎり作り」に関する意識・実態調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。