みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >Googleが働き方改革をサポートするト…

Googleが働き方改革をサポートするトレーニングコンテンツを提供(2017.03.25)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleから独自調査「働き方改革の現状」(2017年2月実施)の結果が発表された。今回の調査では 81.4% の人が「働き方改革は世間で言われているほど、推進されていない」と回答しており、「働き方改革は一定の効果をあげている」と回答した人はわずか25.2%に留まった。 また、在宅勤務を例にとった場合、「在宅勤務制度を利用できる環境が整っている」と回答した人は15.0% 、「在宅勤務制度を利用したことがある」と回答した人は12.6% だった。

働き方を変えることに対するニーズについては、「オフィス以外の場所でも変わらずに仕事ができる環境を整備すべきだと思う」と回答した人が71.0% 、「残業を前提とした仕事のスタイルは、変える必要がある」と回答した人が 83.6% と、大きなニーズがある一方で、「働き方を変えたが、具体的な方法がわからない」と回答した人が 68.7% にものぼり、具体的な取り組みや進め方が必要とされていることが明らかになった。主な内容は以下のとおり。

1. 経営層・人事・管理職向けのガイドブック「働き方改革 推進ガイド」


働き方改革の必要性を組織に浸透させるためのデータ、 3 つの取り組みから得られた実際の効果についてのデータ、各社の課題と解決方法を紹介。「明日から働き方改革を始めるための 7 つのステップ」とチェックリストを使って、働き方改革を行うために必要な具体的なステップが把握できる。

2. 社員向けの e ラーニングツール 「働き方改革 実践トレーニング」


「未来の働き方トライアル」で得られたデータや声をもとに作られた、一人ひとりの働き方改革をサポートする e ラーニングコンテンツとなる。会員登録やログインは必要なく、気軽に自分や組織の働き方を変えるためのポイントを確認できる。

■詳細は動画をチェック

文/編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。