人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ついに引退!長きにわたって銀座線の顔として活躍した01系の偉業

2017.03.24

■01系は永久に不滅だ!

動態保存された01系試作車(東京メトロ提供)。
動態保存された01系試作車(東京メトロ提供)。

01系は現役を引退したが、実は廃車済みの試作車が3両編成に組み直され、中野車両基地に動態保存されている。その目的は教習用で、再び営業線を走ることはない。

01-129号車のカットモデル。
01-129号車のカットモデル。

また、東西線葛西駅高架下の地下鉄博物館では、2016年7月12日より01-129号車の先頭部のみが展示公開され、静態保存されている。銀座線車両の静態保存は、奇しくも01系の定期運転が終了した2017年3月10日に、国の重要文化財として指定される運びとなった旧1000形1001号車、カットモデルの100形129号車に次ぎ3車種目。同一車種の電車で、「動態」と「静態」の両方が保存されているのは珍しい。

大掛かりな改造の末、「01形」として新天地を快走(東京メトロ提供)。
大掛かりな改造の末、「01形」として新天地を快走(東京メトロ提供)。

このほか、先頭車4両が熊本電気鉄道に譲渡され、「01形」として活躍している。特に2両は「くまモンのラッピング電車」で、外観が華やかになったほか、熊本地震発生後の2016年6月11日に営業運転を開始したこともあり、復旧、復興へのシンボル的な存在となった。

01系は後世に語り継がれる車両になるだろう。
01系は後世に語り継がれる車両になるだろう。

01系はレールファンだけではなく、通勤通学やショッピングの足として利用された方にとっても、心の中ではいつまでも走り続けているだろう。日本の鉄道車両の概念を変え、銀座線のイメージアップに大きく貢献した名車は、これからも輝き続けるはずだ。

【取材協力:東京地下鉄】

取材・文/岸田法眼

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。