人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.21

寝だめはカラダに悪い!?専門家に聞く上手な寝不足解消法

「週末に寝だめすればいいから」と平日に寝不足があってもがんばっているという人は多いのではないだろうか。しかし、週末に昼近くまで寝てしまうと、体に悪影響が及ぶといわれている。その理由と、上手な平日の寝不足を解消する方法を睡眠改善シニアインストラクターから聞いた。

■平日の寝不足を休日で取り返そうとすると体に良くない?

週末に遅くまで寝ていると体に悪影響が!上手な寝不足解消法とは?

平日に残業が続き、帰宅時間も遅くなると当然寝る時間も遅くなっていく。あれこれやっていたら、深夜1時~2時に寝ることになってしまうという人はいないだろうか。するとどうしても毎日の睡眠時間が少なくなり、日中も眠気に襲われ、仕事のパフォーマンスが落ちてくる。

そんなときは「週末の休みの日にたっぷり眠って取り返そう」と考えるかもしれない。土日の朝は、平日の朝よりも2~3時間遅くまで寝てマイナスを補う作戦だ。しかし、実際、このようなやり方は、体に悪影響を及ぼすといわれている。

その真相を、日本睡眠改善協議会認定の睡眠改善シニアインストラクターである安達直美さんに伺った。

「確かに週末のお休みの日に睡眠時間を多く取ることで、平日の睡眠不足を取り返すことはできますが、昼まで寝ているなどすると、体のリズムを崩すため良くありません。人間には “体内時計”というリズムを刻む時計のようなものが備わっていますが、睡眠のリズムが乱れることで“体内時計”が狂い、体温調節やホルモン分泌などのリズムも同時に乱してしまうからです。週末の寝だめは、それ自体が良くないのではなく、“いつもと違うタイミングで長時間寝ること”が良くないのです」

安達さんは、体のリズムが狂うしくみについて、こう続ける。

「私たちの脳と体は、活動する時間や寝る時間に対して適切な状態になるように、前もって準備をしています。ですから、いつもは休息しているはずの時間帯に食事をしたり、活動しているはずの時間帯に寝たりしてしまうと、脳と体は混乱します。いってみれば、昼か夜か分からない状態になってしまうのです。

よく“ブルーマンデー”といいますが、これも休日の朝、長く寝たことで、体内時計が混乱してしまったことが原因の一つです。月曜日の朝、いつもと同じ時間に起床しても、体のリズムが混乱しているので、体温がなかなか上昇しなかったり、きちんと覚醒せず、ぼーっとしたりして、不調をきたしてしまうのです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ