人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

MMCX端子でバランス接続にも対応したパイオニアのハイレゾイヤホン『SE-CH9T』の実力検証

2017.03.23

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

MMCX端子でバランス接続にも対応したハイレゾイヤホンPioneer『SE-CH9T』

■Introduction

オンキヨー&パイオニアイノベーションズが新型ハイレゾプレーヤー2機種と同時に発表したのが、『SE-CH9T』1万2740円(税込)、『SE-CH5BL』9150円(税込)、『SE-CH5T』5370円(税込)の3機種のハイレゾ対応イヤホンである。『SE-CH5BL』はφ2.5mm4pinバランス接続用。これに対して『SE-CH5T』はφ3.5mm4pinのスマホ通話機能付きのケーブルを採用。『SE-CH9T』も同じケーブルだが、MMCX端子を採用してリケーブルできる。純正オプションはないので、サードパーティのバランス用ケーブルを用意すれば、バランス接続に対応できる。

■Report

3モデル共通でφ9.7mmシングルドライバーを搭載。5Hz〜50kHzのワイドレンジ再生を実現している。また中域と低域の分離をよくするAirflow Control Portを採用。『SE-CH9T』だけの特徴としては、アルミハウジングの中に真鍮を使った2層金属ノズルを使っている。インピーダンスは26Ω、出力音圧レベル108dB、重さ9g。

MMCX端子でバランス接続にも対応したハイレゾイヤホンPioneer『SE-CH9T』
パッケージは白を基調としたシンプルなもの。開けると黒1色の内箱が出てくる。

MMCX端子でバランス接続にも対応したハイレゾイヤホンPioneer『SE-CH9T』
イヤホン本体に、交換用シリコン製イヤーチップ、コネクターシールド、キャリングポーチが付属する。

MMCX端子でバランス接続にも対応したハイレゾイヤホンPioneer『SE-CH9T』
イヤーチップはS、M、Lの3種類でMは本体に装着済み。ポーチは紐で締めるタイプ。

MMCX端子でバランス接続にも対応したハイレゾイヤホンPioneer『SE-CH9T』
MMCX端子にはLRが彫り込まれている。ケーブルはツイストタイプで柔らかい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。