人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.21

ブレンドしたらどんな味に仕上がる?ビールをビールで割ってみた

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~『ブレンドしたらどんな味に仕上がる?ビールをビールで割ってみた』

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 学生の頃、貧乏であった。時事通信社という新聞界の“運動部”で、プロ野球記録のライブ入力や記者の方の原稿を「電話で取る」(話すのを聞いて原稿用紙に書いていく笑)などのバイトで糊口をしのいでいた。プロ野球のナイターに合わせて出社が中心だったそのバイト先では、毎晩、社員とバイト全員20人ほどでいっせいに出前を取る。中華屋率がかなり高かった。
 
 僕はとにかくお金がない。しかし若いから空腹っぷりはエサに1週間ありついてないハイエナのごとし。そこで編み出した命をつなぐためのライフハックはこうだった。

 カレーライスやチャーハンを頼み、大盛りライスを追加する。そして、ダイナミックにがばがばっと混ぜてしまうのである。当然味は薄くなるが気にしない。なにしろ命をつなぐのだから味とか言ってらんない。たとえばただのカレーが600円なら、大盛りライスで150円プラスで、750円。

 カレーや中華丼なら、ルー的なものだからまだいい。しかしそれも毎日だと飽きるので、ときにチャーハンで攻める。もろん安いからのチョイス。して、チャーハンが届きライスをのっけて、レンゲと箸でぐちゃぐちゃに混ぜ、薄茶色からアイボリーに変化しエベレストのようにそそり立った珍妙な食べ物が現れる。

 オムライスも負けじと奇っ怪な姿を見せてくれた。いったん、卵焼きを箸でめくってはずす。次に、チキンライスの上にライスを乗せてのちぐいぐいと混ぜ込んでいく。するとほんのりうすピンクのごはんの塊に。その上に再び卵をつまんで敷くのだが、もはや全体を覆うには面積が足りなくなっており、富士の五合目より下は山肌が露出。卵は、タレントグラビアで下乳が見えるぎりぎりまで切りっぱなしにしたTシャツの様相。

 僕のバイト生活は、スコアブックを前にそんな姿をさらして記者さんたちの失笑を買っていた。嗚呼、思い出の、カレーライスライス、中華丼、チャーハンライス、オムライスライス。

 と、720字も使って、小三治師匠のまくらみたいになってしまったが、今回言いたいことはそんな話し。ビールonビール。いや、形態的には、ビールinビールと表現すべきだろうか。

 うちのオクサンは、晩ご飯で一緒にビール飲んでると、まだ、ベルギービールやクラフト系の高めのがグラスに入ってるのに、平気で、カインズホーム「黄金」や「麦とホップ」を注ぐ。混ぜてしまうのだ。

 なんともったいない! とビールが少なからず仕事になってる身としてはとんでもないと思うのだが、実は、その行為、飲んでみると意外にも美味しかったりするのだ。

 釈然としない気持ちを引きずりつつ、まあうまいのならなんでもありだな。既成概念にとらわれているところから新しいモノは生まれないなとも思う。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ