人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

温水洗浄便座購入時に重視するポイントTOP3

2017.03.21

マイボイスコムは、2回目となる『温水洗浄便座』に関するインターネット調査を実施。1万1451件の回答を集め、その調査結果を公開した。

まず温水洗浄便座の所有者は73.2%、「1台」が51.8%、「2台以上」が21.4%となった。温水洗浄便座の利用機能については「便座保温」「温水洗浄」が所有者の各8割、「脱臭」「ビデ洗浄」「水圧調整」「ノズル自動洗浄」などが2~3割で続く。高年代層で比率が高いものが多く、「便座保温」「温水洗浄」「ノズル自動洗浄」「脱臭」は年代差が大きくなっている。

主に利用している温水洗浄便座のメーカーは、「TOTO」が所有者の56.2%、「LIXIL」「パナソニック」が各10%台だった。購入時期は、「~10年以内」「10年よりも前」がボリュームゾーンとなっている。また、温水洗浄機能を利用する人は、温水洗浄便座所有者の7割強。「トイレに入ったときは、だいたい使う」が20.8%、「大便をしたときは、だいたい使う」が50.8%となっています。利用者は、20・30代では男性6割、女性3~4割ですが、50代以上では男性9割弱、女性8割弱となった。温水洗浄便座の利用意向は73.0%、10~30代では5~6割、50代以上では8割。また、温水洗浄便座所有者では8割強、非所有者では4割強となっており、非利用意向は10.9%だった。

温水洗浄便座購入時の重視点としては、「価格」(54.9%)の他、「手入れのしやすさ」「節水・節電」「性能・パワー」が各4割で上位を占めた。「性能・パワー」「操作性」「節水・節電」「手入れのしやすさ」「自動洗浄機能」は、高年代層、特に女性50代以上で比率が高い傾向になる。なかでも「手入れのしやすさ」は女性の比率が高く、女性40代以上では5~6割となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。