みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >スマホやタブレットで撮影動画を見な…

スマホやタブレットで撮影動画を見ながら操縦できる重さ20gの超小型ドローン『リアルライブテトラル』(2017.03.19)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンダイの子会社であるシー・シー・ピーは、撮影動画を“リアルタイム”にスマートフォンやタブレットで見ながら操縦することができる超小型ドローン、ラジオコントロール『リアルライブテトラル』を3月24日に発売する。価格は1万2960円(税込)。

『リアルライブテトラル』は本体にカメラを搭載した超小型ドローン。スマートフォンをセットできるコントローラーを使い、離陸・着陸・上昇・下降・ホバリング・宙返りなど12のアクションを楽しみながら、空中での撮影(動画・写真)を楽しめる。また、本体に搭載した気圧センサーが高度調整を自動で行なうため、飛行の安定度が高く、初心者でも簡単に操縦をすることができる。

撮影した動画や写真は、専用の無料アプリをダウンロードした手持ちのスマートフォンやタブレットでリアルタイムに見たり、記録しての再生に対応。また、アプリをVRモードに切り替え、市販のVRゴーグルを使用すると、リアルタイムで自分が空を飛んでいるようなFPV(First Person View)を楽しめる。

超小型・超軽量であるため、本体をラジオコントロールカーなどに取り付けて、自分が運転しているかのような映像を撮影するなど、今までのカメラ付きドローンの枠にとらわれないアクションカムのような使い方をすることも可能だ。

本体サイズは全幅約44(プロペラ装着時60)×高さ約30mm、本体約20g、コントローラー約158g。本体用電池は充電式リチウムイオンポリマー電池(内蔵)。本体連続飛行時間は約3分。アクションは離陸・着陸・上昇・下降・ホバリング・前進・後進・左回転・右回転・左スライド・右スライド・宙返り。操作可能距離は約20m(屋内推奨)。撮影サイズは動画:41万画素 AVI、写真:41万画素 JPEG。
※撮影した動画・写真は専用の無料アプリをダウンロードしたスマートフォン・タブレットに記録されます。

 

関連情報

http://www.ccp-jp.com/toy/


文/編集部

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。