人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.18

掃除機を購入する時に重視するポイントTOP5

ロボット掃除機の普及により、最近では2台持ちという人も増えている掃除機。消費者は購入時にどんなポイントに注意して掃除機を選んでいるのだろうか? マイボイスコムが一昨年、『掃除機』に関するインターネット調査を実施したところ(※回答数1万201件)、掃除機を使って掃除をする人は8割強で、「週1回以上」掃除をする人は6割、男性では5割弱、女性では8割弱みられることがわかった。掃除をする頻度は女性や高年代層で高く、女性30代以上では「週4回以上」が2割強となっている。また、ロボット掃除機主利用者でも、「週4回以上」が他の層より高い傾向となった。

『掃除機』に関するインターネット調査

◆所有している掃除機のタイプ、所有台数は?

所有している掃除機のタイプは、「ノーマルタイプ・紙パック式」が55.8%、「ノーマルタイプ・サイクロン」が37.9%、「ロボット掃除機」が5.0%。過去調査と比べて、「ノーマルタイプ・サイクロン」「ロボット掃除機」が増加、「ノーマルタイプ・紙パック式」が減少しているという。世帯年収が高い層では、「ノーマルタイプ・サイクロン」「ロボット掃除機」の比率が高い傾向となった。また、掃除の頻度が高い層では「ノーマルタイプ・サイクロン」、低い層では「ノーマルタイプ・紙パック式」の比率が高くなった。

掃除機の所有台数は、「1台」が掃除機所有者の54.1%、「2台」が29.7%です。20・30代では「1台」の比率が高く、『ロボット掃除機』『ハンディクリーナー』主利用者では「2台以上」が高くなっている。

◆主利用掃除機のタイプ、メーカーは?

主に利用している掃除機のタイプは、「ノーマルタイプ・紙パック式」が掃除機所有者の49.3%、「ノーマルタイプ・サイクロン」が33.1%、「スティック型(スタンド)」が10.4%などとなっている。女性20代では、「スティック型(スタンド)」の比率が他の層より高くなった。メーカーでは、パナソニック、東芝、日立、シャープ、三菱電機の順で多くなる結果に。

◆掃除機購入時重視するポイントは?

掃除機購入時の重視点を全員に聞いたところ、「本体価格」「吸引力」が上位2位で、「本体の大きさ・重さ」「メーカー・ブランド」「ゴミの捨てやすさ」「手入れのしやすさ」「操作性」が続く。いずれの項目も、女性の比率が高く、特に「本体の大きさ・重さ」「ゴミの捨てやすさ」「手入れのしやすさ」は男女差が15ポイント以上となっている。所有メーカー別にみると、アイロボット、ダイソン、マキタでは「吸引力」が最も多くなった。パナソニックでは「メーカー・ブランド」、ツインバード工業では「本体価格」、マキタでは「本体の大きさ・重さ」「電源コードの有無」「操作性」の比率が他層より高いのが目立つ。

『掃除機』に関するインターネット調査

◆今後購入したい掃除機のメーカーは?

今後最も購入したい掃除機は、ダイソン(23.6%)がトップで、2位がパナソニック(9.0%)となった。主利用メーカーと同じメーカーを今後も購入したいという人は、ダイソン、アイロボットで比率が高くなっている。

文/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。