人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

出産にかかる費用は平均43.56万円、夫の立ち会い率は○割

2017.03.18

 妻の出産に立ち会う男性が増えているというが、どれくらいいるのだろうか。株式会社リクルートライフスタイルが2015年に同社が運営する出産・育児に関する調査・研究機関「赤すぐ総研」で、0~2歳の子どものいる既婚者を対象に出産実態に関する調査を実施したところ、出産費用は平均43.56万円かかっており、立ち会い出産率は28%で、20代では3割以上に及ぶことがわかった。 

 また、出産方法に関する調査では、自然分娩での出産は76%で、帝王切開は19%という結果になった。立ち会い出産率は28%で、20代では3割以上となっている。40代では帝王切開が3割近くに及ぶこともわかった。出産費用の平均は43.56万円となっており、エリア別で最も費用が高いのは関東で、平均47.91万円だった。

出産実態に関する調査

出産実態に関する調査

 パートナーとの関係に関するアンケートでは、概して妻は自己評価が厳しく、夫は自分自身に対しても、妻に対しても寛容であることが判明。「子どもの親」としての評価は、夫自身は67点、妻自身は64点。夫は妻に対して74点と妻の自己評価より高く、100点満点と回答した人が18%を占める結果となった。

「異性」としての評価は、夫については自己評価、パートナーからの評価がほぼ同程度で53点前後。妻は自己評価が40点台と低いが、夫は妻に対して60点台を付けており、妻の自己評価が著しく低い結果になった。生活の充足度について、聞いたところ、20代の若い世代では、他の世代に比べて充足感が低い傾向が見られた。出産直後よりも、3~5カ月ごろが最も生活の充足感が高く、男女とも充足度は70点以上。その後、ゆるやかに充足感が減少していくことがわかった。

【調査概要】
調査対象:下記の条件に該当する既婚男女計4337人
・末子年齢0~2歳(2歳11カ月まで)の子どもと同居
・親の年代(20~29歳/30~39歳/40~49歳)×末子年齢(0歳/1歳/2歳)×エリア(関東/関西/東海/その他)を平成22年国勢調査の割合に合わせて回収
調査方法:インターネット調査(インテージの調査モニターを使用)
調査期間:2015年3月20日(金)~27日(金)

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。