人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.18

ヤマハがクロスプレーン型のクランクシャフトを備えた997cc水冷直列4気筒エンジンのスポーツモデル『MT-10』を発売

ヤマハ発動機はクロスプレーン型クランクシャフトを備えた997cm3水冷・直列4気筒エンジンを搭載したスポーツモデル『MT-10』および上級モデルの『MT-10SP』を5月16日より発売する。『MT-10』は、MTシリーズの最高峰モデルとして“Ultimate Synchronized perfomance bike”をコンセプトに開発。〝意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能〟と〝多用途で楽しめる機能〟を集約させたモデルとなっている。上級モデルの『MT-10SP』には、OHLINS 製電子制御サスペンション、フルカラーTFT 液晶メーターなどを装備。カラーリングでは『YZF-R1M』とリレーションした『MT-10SP』専用カラーも設定している。

価格は『MTN1000』(MT-10)が167万4000円、『MTN1000D』(MT-10SP)が199万8000円。

 
『MTN1000』(MT-10)

 
『MTN1000D』(MT-10SP)

両モデルともに、クリアなトルク感とリニアリティーを備えるクロスプレーン型クランクシャフトの水冷直列4 気筒997 cm3エンジンを搭載。ストリート走行に適したトルク特性を得るために、吸排気系・動弁系・燃料供給系などに最適スペックを投入することで、多用する常用域で優れた後輪駆動力を引き出す。また優れたドライバビリティを引き出すためセッティングを追求。気筒毎のシーケンシャル噴射で吸気ポートや燃焼室などに適合する噴射マップとしている。

そして最新の『YZF-R1』(欧州仕様)のアルミ製デルタボックスフレームをベースに、強度・剛性バランスをチューニングしたフレームを採用。高次元なスタビリティとハンドリング、軽量コンパクトといった『YZF-R1』の持ち味を引継ぎながら、ボディ部品の約60%を本モデル用に変更した。そのうえで1400mm のショートホイールベースを採用し、幅広いシーンで思い通りのラインを走れる軽快なハンドリングを実現している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。