人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.17

「103万円の壁」が150万円まで上がったらもっと働く?

リビング新聞グループのシンクタンクであるリビングくらしHOW研究所は、人手不足の影響や、昨秋の社会保険の適用拡大、配偶者控除の要件が変わる税制改革などについて、パートで働く女性を対象にアンケート調査を実施。423人から回答を得た。

■パート女性の仕事への満足度は全体に高い。収入を増やすには「働く時間を増やす」

調査では、パートで働く女性の約7割が今の仕事に「とても満足(12.1%)」「まあ満足(56.0%)」と回答した。「少し不満(24.3%)」「不満(7.6%)」と答えた人の不満の内容(複数回答)で多かったのは「給料が安い(40.0%)」「待遇が上がらない(40.0%)」「職場の人間関係(31.1%)」など。しかし、「年収への満足度」に絞って聞いた別の設問では、年収への不満(少し不満+不満)は47.5%に上った。この年収への不満を解消する方法としては、「今の職場で働く時間を増やす(23.9%)」が最も多く、次いで「時給の高い仕事(パート)に転職(21.9%)」、「給与の高い仕事(社員など)に転職(20.9%)」。「今の職場で昇給できるようステップアップする(9.5%)」は少数派だった。

■人手不足!37%の人が忙しくなる中、時給が上がった人はわずかに2割

人手不足が続くここ1・2年で、時給が上がったことを実感している人は19.6%と、全体の2割にすぎない。業種を見ると、「上がった」と回答した人が多いのは、「製造(36.4%)」、「飲食・フードの接客(28.6%)」、「物流・配送・軽作業(26.3%)」。

一方で仕事が「忙しくなっている」と感じる人は、全体の36.9%です。特に変化が顕著なのが「保育士・幼稚園教諭」で、63.6%が「忙しくなった」と回答。次いで「教育(47.1%)」「医療・介護・福祉(45.3%)」。時給が上がったと答えた割合が特に小さい「保育士・幼稚園教諭(9.1%)」「教育(5.9%)」は、仕事の内容と収入のバランスが悪くなっている可能性がある。

■10年後は「ステップアップ」より「今の職場」「同じ仕事」。強い現状維持指向

パート女性たちは、将来の働き方についてどう考えているのだろうか。「10年後も自分が仕事をしている」と思う人は、全体では53.4%と半数以上。ただし50代ではこれが一気に31.1%まで下がり、「仕事をしていないと思う(35.8%)」に抜かれる。10年後の職場や仕事内容への希望を聞いたところ、「今の職場で同じ仕事をしていたい」という回答が30.5%で最も多く、「今の職場でステップアップ(12.4%)」「今の職場でよりゆとりを持って(9.7%)」を足すと、「今と同じ職場」を希望する人は52.6%。この現状維持の指向は年齢が上がるにつれて強まる。また、別の職場も含めて10年後に「ステップアップして働いていたい人」は23.0%だった。

■19%の勤め先が社会保険の適用範囲拡大に該当。うち半数は「元々106万円以下」

今回の調査では、「103万円の壁」「130万円の壁」を意識して働いているパート勤務の女性は67.6%。昨秋から大きく変わり始めている、2つの壁に関して、現状や今後を聞いた。昨年秋から始まった社会保険の適用範囲の拡大(”130万円の壁“が従業員500人以上の企業では106万円に引き下げ)についての認知度は、全体の27.4%と、3分の1以下だった。パートの勤務先がこれに該当した人は全体の18.7%だが、うち半数(50.7%)は、もともと106万円以内で働いていたため、影響なし。影響があった人のうち「働く時間を変えないで社保料を払い始めた」人は10.1%、「社保料を払っても手取りが減らないようにより多く働くことにした」人がこちらも10.1%。「保険料を払わないように仕事を減らした」人も15.2%いた。仮に、今後さらに範囲が拡大されて、自分の職場に「106万円の壁」が適用されるとしたらどうする?という質問には、34.2%が「社保料を払わなくてすむように働く時間を減らす」、18.6%が「手取りが減らないようにもっと働く」と回答している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。