人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.17

スマホの設定だけで簡単に自宅の見守りができるJVCのハイビジョンIPカメラ『GV-CC1』

JVCケンウッドは、JVCブランドより、スマートフォンから簡単に設定ができ、手軽に自宅の見守りができるハイビジョンIPカメラ『GV-CC1』を3月下旬に発売する。『GV-CC1』はスマートフォンからカメラの映像確認や録画開始などの操作を実現しうえ、マイク・スピーカーを内蔵。本機とスマートフォン間で双方向の会話も行なえる。価格はオープン価格。

近年の防犯意識の高まりに伴い、自宅のセキュリティへの関心が高まっている。なかでも共働き世帯の増加により、「留守宅の状況が気になる」「自宅で留守番をしている子どもやペットが心配」という声の高まりに伴い、手軽に自宅の見守りができるカメラシステムへのニーズが拡大している。そこで同社では、手軽に自宅の見守りができるハイビジョンIPカメラ『GV-CC1』を開発した。

その最大の特徴が設置などの工事が不要で、スマートフォンから簡単に設定が可能なこと。手持ちのスマートフォンを自宅のWi-Fi環境に接続後、専用アプリケーション「JVC MONITORING」をダウンロード。アカウント登録、接続(QRコード)の3ステップで簡単に設定が行なえる。作成したアカウントは最大4人までの共有が、また最大4台までカメラを接続することができる。専用アプリ「JVC MONITORING」は、Android版はGoogle play、iOS版はApp Storeで無償提供される。

設定後は宅外からリアルタイムに本機の映像を確認することはもちろん、録画開始や画質の切り替えといった操作が、スマートフォンから簡単に実行できる。映像は高画質ハイビジョン画像(1280×720p 30fps)かつ水平視野角85度の広角撮影に対応。また、暗くなると自動で夜間撮影モードに切り替わる赤外線LED機能を搭載しており、暗い場所や夜間でも映像を確認することができる(赤外線LED動作時の映像は白黒)。

さらに内蔵のマイク・スピーカーにより、本機とスマートフォンとの間で双方向の会話が可能。映像を見ながら、家族とのコミュニケーションが取れるほか、本機が不審な動きを検知するとスマートフォンに即座に通知されるため、異常も察知できる。また、動きの検知に応じて自動録画を開始することも可能だ。

設置にはマグネットスタンドを採用し、そのまま金属面に貼り付けるだけの設置となる。磁気プレートを壁に取り付ければさまざまな場所への設置に対応。また映像の上下反転機能・左右反転機能を搭載しており、天吊り設置などの設置も可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。